血液内科

第68巻第1号(2014年1月発行)

血液内科

第68巻第1号(2014年1月発行)

特集 ATL/HTLV-1研究の最近の進展

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 ATL/HTLV-1研究の最近の進展

  • ウイルスからみたATL発症の分子機構

    京都大学ウイルス研究所・ウイルス制御研究領域 安間恵子,ほか…1
  • HTLV-1感染からATLへの段階的発症機構

    京都大学ウイルス研究所・ウイルス制御研究領域 安永純一朗,ほか…7
  • ATLとHAM以外のHTLV-1感染関連疾患に関する研究の現状

    宮崎大学・免疫感染病態学 岡山昭彦…12
  • HTLV-1-associated infective dermatitisの病因に関する研究の現状

    浜松医科大学・皮膚科学 島内隆寿,ほか…18
  • HTLV-I感染拡大阻止に有効なワクチンと抗体医薬に関する研究

    琉球大学・免疫学 田中勇悦…23
  • HTLV-1関連脊髄症(HAM)に対する分子標的治療薬開発の現状と将来

    聖マリアンナ医科大学・難病治療研究センター 新谷奈津美,ほか…30
  • ATLにおけるCD163陽性マクロファージの重要性

    熊本大学・細胞病理学 菰原義弘,ほか…36
  • 地域がん登録情報に基づくATLの罹患動向と患者死亡率推移

    愛知県がんセンター研究所・疫学・予防部 千原 大…41
  • ATLに対する病型分類と診療ガイドラインの現状と問題点

    長崎大学・血液内科 今泉芳孝…45
  • ATLに対する同種造血幹細胞移植と細胞療法に関する研究の現状

    慈愛会今村病院分院・血液内科 宇都宮 與,ほか…51
  • わが国におけるHTLV-1キャリアとATL患者に対する相談機能と知識の普及

    東京大学医科学研究所附属病院・血液内科 内丸 薫…58
  • miRNAを用いた成人 T 細胞白血病(ATL)がん幹細胞を標的とした新規治療法開発研究の現状

    東京大学・病態医療科学 渡邉俊樹…65
  • ATLに対する新薬開発の現状

    国立がん研究センター中央病院・血液腫瘍科 飛内賢正…71

話題

  • 濾胞性リンパ腫における血清可溶性IL-2受容体の予後因子としての意義

    岐阜大学・第一内科 中村信彦,ほか…79
  • 消化管原発DLBCLにおける消化管穿孔

    埼玉医科大学国際医療センター・造血器腫瘍科 高橋直樹…85
  • HHV8陰性PEL-like lymphomaとは何か

    虎の門病院・血液内科 梶 大介…92
  • 胸腹水と血小板減少を伴った多中心性Castleman病の一亜型:新規疾患概念TAFRO症候群

    金沢医科大学・血液免疫内科学 正木康史…97
  • 新規ヒト化抗CD20抗体BM-caの前臨床的特徴:rituximab, ofatumumabとの比較

    バイオメディクス株式会社 小松靖彦…103

解説

  • 関節リウマチ患者に発生するmethotrexate関連DLBCL

    福岡大学・病理学 山田 梢,ほか…111
  • Hodgkinリンパ腫と未分化大細胞型リンパ腫におけるCD30過剰発現機構

    北里大学・血液内科学 堀江良一…118
  • アグレッシブNK細胞白血病の臨床病態と治療

    信州大学・病因・病態検査学 石田文宏…124
  • “In situ” follicular lymphomaとは何か

    岡山大学・病理学 原田 舞,ほか…129
  • 皮膚 T 細胞リンパ腫治療におけるvorinostatの役割

    東京大学・皮膚科学 菅谷 誠…134