臨床免疫・アレルギー科

第73巻第4号(2020年4月発行)

臨床免疫・アレルギー科

第73巻第4号(2020年4月発行)

特集 I.アレルギー疾患研究の新展開
特集 II.食物アレルギー研究
[冊子版ISSN:1881-1930 電子版ISSN:2188-9430]

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • 電子版

    ・こちらの商品は専用の電子書籍リーダーでご覧頂けます。
    ・ダウンロードをご希望の場合には、PDF版をご利用下さい。
    ・電子版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)

    電子版の詳しい説明 »

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 I.アレルギー疾患研究の新展開

  • 重症アトピー性角結膜炎のトランスクリプトーム解析

    順天堂大学・眼アトピー研究室 松田 彰…355
  • Toll様受容体2 型を介した2型自然リンパ球の活性化は喘息病態を誘導できる

    武蔵野大学・薬物療法学 石井崇史,ほか…363
  • PGE2-EP2シグナルはTSLP発現を抑制することによりマウスのアトピー性皮膚炎様皮膚炎症を制御する

    産業医科大学・皮膚科学 澤田雄宇…367
  • 喘息気道上皮細胞における上皮成長因子受容体ErbB2の活性低下と創傷修復遅延の関連

    昭和大学・呼吸器アレルギー内科学 井上英樹…372
  • 神経ペプチドCGRPによる2型自然リンパ球の機能制御

    National Institutes of Health 長島宏行…379

特集 II.食物アレルギー研究

  • アレルギー性腸炎マウスモデルにおいてCCR8は好酸球遊走を誘導し,好中球遊走を制御する

    東北大学・食品化学 戸田雅子…386
  • 母乳栄養と食物アレルギーの疫学

    岡山大学・疫学・衛生学 松本尚美…392
  • CD300fは食物アレルギーの治療標的となりうる

    順天堂大学・アトピー疾患研究センター 内田志野,ほか…398
  • アニサキスによるアナフィラキシーの沿岸部における実態:安房地域での疫学調査の結果より

    東京都立神経病院・脳神経内科 森島 亮,ほか…406

総説

  • NSAIDs不耐症/ アスピリン喘息(AERD)における病態解明の進歩と臨床的側面

    相模原病院・臨床研究センター 谷口正実,ほか…415

話題

  • 2つの異質な間質内マクロファージ群が組織共通の特異的な組織下微小環境に共存する

    Skin Research Institute of Singapore,Biomedical Sciences Institutes 中溝 聡…424
  • 腸管上皮の小胞体ストレスに対する免疫応答

    大阪市立大学・消化器内科学 細見周平…429

解説

  • ヒューマン・オルガノイドのデザイン体系

    東京医科歯科大学・先端医歯工学創成研究部門 川口浩和,ほか…435
  • 嗅覚神経回路の形成に必要な遺伝子発現パターンはニューロンのスパイク発火列によって規定される

    東京大学・薬品作用学 伊原尚樹,ほか…442