脳神経内科(神経内科)

第74巻第6号(2011年6月発行)

脳神経内科(神経内科)

第74巻第6号(2011年6月発行)

特集 神経内科疾患の新規治療

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 神経内科疾患の新規治療

  • 多発性硬化症-新規開発薬を中心に-

    国立精神・神経医療研究センター多発性硬化症センター 荒木 学ほか
  • 視神経脊髄炎(NMO)の治療

    東北大学神経内科学 佐藤ダグラスほか
  • 副腎白質ジストロフィーの治療

    東京大学神経内科 松川敬志ほか
  • Parkinson病におけるwearing off現象の早期診断と早期治療

    慶應義塾大学神経内科 高橋一司
  • 機能神経外科の現在と未来

    日本大学応用システム神経科学 山本隆充ほか
  • 反復磁気刺激によるParkinson病治療の確立

    東京大学神経内科 代田悠一郎ほか
  • 認知症の新規治療

    岩手医科大学神経内科・老年科部門 高橋 智
  • 超急性期脳梗塞治療の新たな展開

    東海大学神経内科 瀧澤俊也
  • 脳梗塞再発予防戦略の新たな展開

    順天堂大学附属浦安病院脳神経内科 卜部貴夫

原著

  • てんかんを伴い,血清・髄液の抗GAD抗体が著明高値を呈した 1 型糖尿病

    日本赤十字社長崎原爆病院内科 田口正剛ほか
  • 抗GD1a/GD1b 複合抗原抗体が陽性で,呼吸筋麻痺を伴った重症Guillain-Barre症候群の 1 例

    国立病院機構三重中央医療センター神経内科 北川長生ほか
  • 日本人多発性硬化症・視神経脊髄炎患者の死因

    国立病院機構宇多野病院MSセンター 田中正美ほか

BRIEF CLINICAL NOTES

  • 副深腓骨神経の有無と短趾伸筋および短母趾伸筋の支配

    横浜市立大学附属市民総合医療センター 長谷川 修ほか

人・土地・業績

  • 野口英世(1876-1928)と多発性硬化症

    埼玉医科大学短期大学 田村直俊

眼で見る神経内科

  • 視神経脊髄炎における視交叉病変

    富山大学附属病院神経内科 田口芳治ほか
  • 糖尿病神経障害とDupuytren拘縮

    横浜市立大学附属市民総合医療センター 長谷川 修ほか

LETTERS TO THE EDITOR

  • 視神経脊髄炎(neuromyelitis optica)の再発時にやはりステロイドパルスは必要だ

    国立病院機構宇多野病院MSセンター 田中正美

臨床メモ

  • 科学の罪

    千葉西総合病院神経内科 古川哲雄