臨床免疫・アレルギー科

第62巻第2号(2014年8月発行)

臨床免疫・アレルギー科

第62巻第2号(2014年8月発行)

特集 I.共生菌と免疫
特集 II.アナフィラキシーの現状と診療の進歩

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 I.共生菌と免疫

  • 共生菌の制御と抗菌ペプチド

    日本大学・食品生命機能学 高橋恭子,ほか…127
  • ビフィドバクテリウムによるTr1細胞の誘導

    大阪大学・免疫制御学 香山尚子,ほか…134
  • ビフィズス菌によるTh17細胞の制御

    理化学研究所・統合生命医科学研究センター 宮内栄治,ほか…140
  • 共生菌へのinvariant T 細胞の反応とその意義

    国立精神・神経医療研究センター・免疫研究部 能登大介,ほか…147

特集 II.アナフィラキシーの現状と診療の進歩

  • 初診時に救命救急処置を必要とした成人アナフィラキシー

    横浜市立みなと赤十字病院・アレルギーセンター 古家 正…154
  • 食物依存性運動誘発アナフィラキシー誘発試験におけるアスピリンの有用性

    福岡病院・小児科 本村知華子…160
  • アナフィラキシーの診断指標としての呼気一酸化窒素の測定

    横浜市立みなと赤十字病院・アレルギーセンター 橋場容子…164
  • Breast feeding anaphylaxis

    西神戸医療センター・皮膚科 堀川達弥…169
  • アナフィラキシー症状におけるアドレナリン使用の調査

    昭和大学・小児科学 中村俊紀,ほか…173
  • アドレナリン自己注射薬(エピペン(R))処方後にアナフィラキシーを起こした食物アレルギー:エピペン(R)は有効に使われているか?

    滋賀県立小児保健医療センター・小児科 向田公美子,ほか…179
  • エピペン(R)処方剤の現状と課題

    東京女子医科大学東医療センター・小児科 大谷智子,ほか…186

総説

  • Plantibodyの臨床応用

    静岡県立大学・免疫微生物学 中西勝宏,ほか…192

話題

  • アポトーシス誘導腫瘍細胞添加樹状細胞による抗腫瘍免疫療法

    京都大学・血液・腫瘍内科 北脇年雄…198
  • 腫瘍関連抗原に対する抗原レセプターを遺伝子導入した自己 T 細胞による腫瘍の治療

    福岡大学・腫瘍・血液・感染症内科学 村橋睦了,ほか…204
  • サイトカイン/抗サイトカイン複合体による抗腫瘍効果の増強

    北海道大学・遺伝子病制御研究所 上村大輔,ほか…211

解説

  • TLR4応答におけるRP105/MD-1の役割

    愛知医科大学・感染・免疫学 森田奈央子,ほか…217
  • 自己免疫疾患と拡張抗原提示による T 細胞の活性化

    東京大学・アレルギー・リウマチ内科 澁谷美穂子,ほか…223
  • リンパ球への分化と転写制御

    大阪大学・血液・腫瘍内科学 横田貴史,ほか…227