血液内科

血液・腫瘍科 第42巻第6号(2001年6月発行)

血液内科

血液・腫瘍科 第42巻第6号(2001年6月発行)

特集 化学発癌

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 化学発癌

  • ヒト発がん要因を探る

    岡山大学・細胞生物 許 南浩
  • 癌原因子のリスク評価

    大阪市立大学・都市環境病理 北野光昭,ほか
  • 発がんにおける遺伝的素因

    理化学研究所・バイオリソースセンター 永瀬浩喜,ほか
  • 発癌過程の解明-競争的環境の中で個性に輝くとは-

    癌研究会・癌研究所 樋野興夫
  • 発がんの化学予防

    国立がんセンター研究所・化学療法部 津田洋幸

話題

  • 血管新生/血管形成と幹細胞

    東京都立駒込病院・外科 坂東裕子,ほか
  • p53とARFによる癌抑制能

    信州大学・小児科 上條岳彦
  • WNT信号伝達系とがん

    国立がんセンター研究所・分子腫瘍 加藤 勝
  • 造血系腫瘍細胞におけるFas抵抗性獲得メカニズム

    京都大学・ウイルス研究所 島田啓司,ほか

解説

  • ATLと高カルシウム血症

    京都大学・ウイルス研究所 野坂生郷,ほか
  • Laser Microdissection法の癌医療への応用

    昭和大学・歯学部 立川哲彦,ほか
  • Rituximabと悪性リンパ腫

    国立がんセンター中央病院・特殊病棟部 飛内賢正