血液内科

血液・腫瘍科 第43巻第2号(2001年8月発行)

血液内科

血液・腫瘍科 第43巻第2号(2001年8月発行)

特集 注目される造血器腫瘍の発症機構

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 注目される造血器腫瘍の発症機構

  • MALTリンパ腫の分子機構

    愛知県がんセンター・研究所 細川好孝,ほか
  • 悪性リンパ腫におけるBCL6遺伝子異常

    鳥取大学・生命科学 石黒尚子,ほか
  • RUNX1/AML1と白血病

    京都大学・ウイルス研究所 大里元美,ほか
  • Evi-1の異所性発現と白血病

    東京大学・血液腫瘍内科 黒川峰夫
  • TEL 遺伝子と白血病

    獨協医科大学・血液内科 三谷絹子
  • FLT3 遺伝子変異と白血病

    名古屋大学・難治感染症部 清井 仁

話題

  • マイナー組織適合性抗原とGVHD/GVL

    HLA研究所 佐治博夫,ほか
  • Aggressive lymphomaにおける血清nm23-H1蛋白質の予後因子としての臨床的意義

    北里大学・血液内科 新津 望
  • DNAマイクロアレイを用いたび漫性大細胞型Bリンパ腫の遺伝子発現の研究

    名古屋大学・第一内科 木下朝博

解説

  • 造血幹細胞におけるゲノムのCaretaker : Fanconi貧血蛋白

    東京大学・医科学研究所 山下孝之
  • がん細胞におけるエストロゲンレセプターの機能制御

    埼玉県立がんセンター 林 慎一
  • 予防的G-CSF投与によるCHOPのdose escalation study

    国立がんセンター東病院・化学療法科 伊藤国明