血液内科

血液・腫瘍科 第45巻第2号(2002年8月発行)

血液内科

血液・腫瘍科 第45巻第2号(2002年8月発行)

特集 マージナルゾーンリンパ腫研究の最近の進歩

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 マージナルゾーンリンパ腫研究の最近の進歩

  • パラフィン包埋切片を用いたMALTリンパ腫の分子診断-API2-MALT1キメラ遺伝子を中心に-

    名古屋市立大学・第二病理 稲垣 宏
  • t(11;18)を有するMALTリンパ腫の臨床的特徴

    国立がんセンター中央病院薬物療法部 小林幸夫
  • Nodal marginal zone B-cell lymphomaとは何か?

    岡山大学・病理病態 市村浩一,ほか
  • Splenic lymphoma with villous lymphocytes(SLVL)とsplenic marginal zone B-cell lymphoma

    那智勝浦町立温泉病院 待井隆志
  • 胃MALTリンパ腫の遺伝子異常とH.p.除菌療法に対する反応性

    愛知県がんセンター消化器内科部 中村常哉,ほか
  • 胃MALTリンパ腫の治療戦略:除菌療法は,組織学的進行症例にも有効か

    国立がんセンター東病院消化器内視鏡部 土井俊彦,ほか
  • 眼付属器に発生するMALTリンパ腫の放射線治療

    国立がんセンター中央病院放射線治療部 加賀美芳和

話題

  • 甲状腺原発 B 細胞リンパ腫における免疫グロブリン可変部遺伝子の解析

    市立堺病院・病理 三輪秀明,ほか
  • 集学的がん治療における分子標的療法の将来

    国立がんセンター中央病院・内科 軒原 浩,ほか
  • カスパーゼ非依存的プログラム細胞死

    国立がんセンター研究所生物物理部 口野嘉幸

解説

  • 悪性リンパ腫の発症に及ぼす遺伝的要因と環境的要因

    愛知県がんセンター研究所疫学予防部 松尾恵太郎
  • 腫瘍血管新生モデルの癌治療への応用

    慶應義塾大学・病理 山田健人
  • GATA-2による造血幹細胞制御

    名古屋大学・分子細胞内科 唐渡雅行

血液・腫瘍薬理

  • DNAプローブ「中外」Amp-CMLの性能に関して

    中外診断科学(株)・研究開発部 鴨川千恵子,ほか