血液内科

血液・腫瘍科 第46巻第3号(2003年3月発行)

血液内科

血液・腫瘍科 第46巻第3号(2003年3月発行)

特集 慢性骨髄性白血病(CML)の基礎と臨床

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 慢性骨髄性白血病(CML)の基礎と臨床

  • CMLの発症機構と急性転化

    東京大学・血液腫瘍内科 平井久丸
  • 慢性骨髄性白血病(CML)とテロメア動態

    東京医科大学・第一内科 田内哲三,ほか
  • CMLの動物モデル

    広島大学原爆放射線医科学研究所 本田浩章
  • CMLの定量的遺伝子診断

    国立名古屋病院血液臨床研究センター 加藤千明,ほか
  • インターフェロン療法の分子免疫学的機序

    愛媛大学・第一内科 安川正貴,ほか
  • CMLにおけるImatinib Mesylate(STI571)療法とその耐性機序

    自治医科大学・血液学 永井 正
  • ALSGによるCML臨床研究

    浜松医科大学・第三内科 大西一功

話題

  • 治療抵抗性多発性骨髄腫に対する骨髄非破壊性同種造血幹細胞移植

    亀田総合病院血液腫瘍内科 國崎祐哉,ほか
  • t(11;17)転座とGATA-2

    愛知県がんセンター研究所遺伝子医療研究部 都築 忍
  • 胸腺とIL-7

    NIAID/NIH 岡本ゆかり,ほか

解説

  • 改訂 HER2検査ガイドライン

    東海大学・病理診断 梅村しのぶ,ほか
  • レチノイドによる肝臓がん再発予防

    岐阜大学・第一内科 森脇久隆
  • 抗がん剤の国際開発:わが国の研究者からみた現状

    国立病院四国がんセンター外科 佐伯俊昭,ほか