血液内科

血液・腫瘍科 第48巻第1号(2004年1月発行)

血液内科

血液・腫瘍科 第48巻第1号(2004年1月発行)

特集 造血器腫瘍治療の検討課題と本邦の臨床試験

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 造血器腫瘍治療の検討課題と本邦の臨床試験

  • AML化学療法の治療成績改善の努力と本邦の臨床試験

    金沢大学・保健学科 大竹茂樹
  • APL治療におけるレチノイン酸の至適投与法と本邦の臨床試験

    熊本大学・血液内科 南里知子,ほか
  • 成人ALLの多様性に基づく治療戦略と本邦の臨床試験

    日本大学・第一内科 竹内 仁
  • Imatinib mesylate導入後のCML治療の進歩と本邦の臨床研究

    浜松医科大学・第三内科 大西一功
  • 中高悪性度リンパ腫に対する容量増強化学療法と本邦の臨床試験

    国立がんセンター東病院・化学療法科 伊藤国明
  • ATLに対する多剤併用化学療法と本邦の臨床試験

    長崎大学・原研内科 塚崎邦弘
  • 限局期の鼻NK/T細胞リンパ腫治療における早期放射線治療の役割と本邦の臨床試験

    癌研究会附属病院・放射線治療科 小口正彦,ほか
  • 多発性骨髄腫治療における維持療法の役割と本邦の臨床試験

    新潟県立がんセンター新潟病院・内科 張 高明

話題

  • 天然由来IL-6活性阻害物質の作用機序と展開

    北里大学・生命科学研究所 林 正彦,ほか
  • 好酸球増多症候群の発症機構解明とimatinib mesylate

    獨協医科大学・内科 中村文彦,ほか
  • 未分化大細胞型リンパ腫におけるBCL3 遺伝子の発現亢進の意義

    京都大学・血液病態学 錦織桃子,ほか
  • 悪性リンパ腫細胞の増殖とAurora-A/BTAK/STK15遺伝子

    愛媛大学・第一内科 薬師神芳洋,ほか

解説

  • HER2陽性乳がん細胞の分子細胞生物学

    癌研究会附属病院・化学療法科 畠 清彦,ほか
  • AJCC Cancer Staging Manual 6thに基づく悪性リンパ腫の病期決定

    国立名古屋病院・臨床研究センター 永井宏和
  • 骨髄中の好酸球もしくは好塩基球増多を伴った骨髄異形成症候群の臨床的特徴

    群馬大学・生体統御内科 松島孝文
  • ヒト白血球の包括的遺伝子発現解析の意義

    東京大学・分子予防医学 橋本真一
  • 母児間マイクロキメリズムに基づくHLAハプロタイプ一致同種造血幹細胞移植

    京都府立医科大学・血液病態制御学 島崎千尋