血液内科

血液・腫瘍科 第50巻第1号(2005年1月発行)

血液内科

血液・腫瘍科 第50巻第1号(2005年1月発行)

特集 造血器腫瘍に対する新規治療薬開発の現状と臨床応用の可能性

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 造血器腫瘍に対する新規治療薬開発の現状と臨床応用の可能性

  • FLT3阻害剤

    東京医科大学・第一内科 宮澤啓介
  • ヒストン脱アセチル化酵素阻害剤

    癌研究会附属病院・化学療法科 畠 清彦,ほか
  • DNAメチル化酵素阻害剤

    自治医科大学・幹細胞制御 古川雄祐,ほか
  • 亜ヒ酸

    浜松医科大学・第三内科 佐原直日,ほか
  • 抗CD33抗体

    浜松医科大学・臨床検査医学 竹下明裕
  • CC-5013(Revimid R)

    埼玉医科大学・血液内科 脇本直樹,ほか
  • ファルネシルトランスフェラーゼ阻害剤

    大阪大学・血液腫瘍内科 松村 到,ほか
  • プロテアソーム阻害薬ボルテゾミブ(Velcade R)

    慶應義塾大学・内科 宮川義隆
  • 放射性同位元素標識抗CD20抗体

    国立がんセンター中央病院・特殊病棟部 飛内賢正
  • ビスフォスフォネート製剤

    京都大学・輸血細胞治療部 木村晋也,ほか

話題

  • 三次元照射で早期がんを切らずに治す

    慶應義塾大学・放射線科 植松 稔
  • MDSにおけるAML1/RUNX1遺伝子異常の意義

    広島大学原医研・血液内科 原田浩徳,ほか
  • Hypereosinophilic syndromeの病態と治療

    東京大学・造血再生医療 小川誠司
  • PML-RARα, PLZF-RARαに結合する新規転写制御分子

    名古屋大学・難治感染症部 富田章裕,ほか

解説

  • ゲノム創薬の現状と今後の方向性

    中外製薬鎌倉研究所・創薬 研究第四部 大泉厳雄,ほか
  • CMLのイマチニブ治療における分子学的モニタリングと予後

    慶應義塾大学・血液内科 矢部麻里子,ほか