血液内科

血液・腫瘍科 第52巻第2号(2006年2月発行)

血液内科

血液・腫瘍科 第52巻第2号(2006年2月発行)

特集 T 細胞腫瘍とNK細胞腫瘍研究の最近の進展

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 T 細胞腫瘍とNK細胞腫瘍研究の最近の進展

  • なぜT/NK細胞腫瘍研究が世界的注目を集めているのか?

    九州大学・病態修復内科学 加留部謙之輔,ほか
  • JCOGによるATLL治療研究の総括と今後の課題

    長崎大学・原研内科 塚崎邦弘
  • ATLにおける腫瘍免疫研究の進歩と臨床応用の可能性

    東京医科歯科大学・免疫治療学 神奈木真理
  • ATLLに対するconventional conditioningを用いた同種造血幹細胞移植の現状と課題

    長崎大学・原研内科 福島卓也
  • ATLに対するミニ移植の臨床試験と今後の課題

    国立がんセンター中央病院・血液幹細胞移植科 田野崎隆二
  • 鼻咽頭領域に発生したNK/T細胞リンパ腫の放射線治療

    癌研有明病院・放射線治療科 小口正彦,ほか
  • ルガノリンパ腫会議2005におけるT-cell lymphoma work-shopについて

    福岡大学・第一内科 鈴宮淳司

話題

  • 造血幹細胞の自己増殖におけるSTAT5の意義

    千葉大学・細胞分子医学 加藤裕子,ほか
  • MDS患者の血液異常に対するサリドマイド誘導体(lenalidomide)の有効性

    近畿大学・血液内科 松田光弘
  • 限局期びまん性大細胞型 B 細胞性リンパ腫の現在の標準治療は何か?

    国立病院機構名古屋医療センター 永井宏和
  • 眼付属器MALTリンパ腫,そしてクラミジア感染

    愛媛大学・第一内科 薬師神芳洋,ほか

解説

  • 多発性骨髄腫の骨病変発症の分子機構

    徳島大学・生体情報内科学 安倍正博
  • 成人 T 細胞白血病・リンパ腫に特異的な多分葉核形成と発症の分子機構

    東京理科大学・生物工学 福田隆一,ほか
  • 遺族からみた緩和ケア病棟への紹介時期:日本の実態調査

    聖隷三方原病院・緩和支持治療科 森田達也
  • 膿胸関連リンパ腫

    慶應義塾大学・血液内科 塚田唯子,ほか