血液内科

血液・腫瘍科 第53巻第4号(2006年10月発行)

血液内科

血液・腫瘍科 第53巻第4号(2006年10月発行)

特集 日本から発信された造血幹細胞移植のエビデンス

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 日本から発信された造血幹細胞移植のエビデンス

  • Ph陽性ALLに対する同種造血幹細胞移植

    名古屋大学・血液腫瘍内科 柳田正光
  • Maternal antigensへの免疫学的寛容とCD4+CD25+制御性 T 細胞

    岡山大学・血液・腫瘍・呼吸器内科 松岡賢市,ほか
  • ATL患者に対する非血縁者間骨髄移植:単施設での検討

    愛媛県立中央病院・血液腫瘍科 原 雅道,ほか
  • 日本人患者における慢性GVHDの特徴

    名古屋大学・造血細胞移植情報管理学 熱田由子
  • 経口薬剤による樹状細胞の機能抑制と急性GVHD予防の可能性

    日本化薬(株)・医薬研究所生物グループ 雑賀 寛,ほか
  • 同種造血幹細胞移植後の好酸球増多の予後因子としての意義

    北海道大学・小児科 佐藤智信,ほか
  • 同種造血幹細胞移植におけるCMV-CTLモニタリングの臨床的意義

    国立がんセンター中央病院・血液・幹細胞移植科 森田百合子,ほか

話題

  • TRAIL抵抗性克服による白血病治療の可能性

    長崎大学・臨床検査医学 長谷川寛雄,ほか
  • 初回寛解期正常核型AMLにおけるFLT3変異と自己末梢血幹細胞移植

    九州大学・病態修復内科学 吉本五一,ほか

解説

  • がん患者の経済的負担について

    東北大学・医療管理学 濃沼信夫
  • 切除不能膵がんの化学療法の現状と今後の課題

    国立がんセンター中央病院・肝胆膵内科 上野秀樹,ほか
  • 臍帯血ドナーからのミニ移植の現状と今後の課題

    虎の門病院・血液科 谷口修一
  • ヘパリン起因性血小板減少症の病態と診断,治療

    近畿大学奈良病院・血液内科 八木秀男,ほか