血液内科

血液・腫瘍科 第55巻第2号(2007年8月発行)

血液内科

血液・腫瘍科 第55巻第2号(2007年8月発行)

特集 急性骨髄性白血病(AML)-診断と治療の進歩

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 急性骨髄性白血病(AML)-診断と治療の進歩

  • AMLのWHO分類-実地診療に与えた影響

    NTT東日本関東病院・血液内科 臼杵憲祐
  • AMLの予後因子

    長崎大学・原研内科 宮崎泰司,ほか
  • AMLにおける染色体転座と分子病態

    山梨大学・腫瘍センター 桐戸敬太
  • CBF白血病の診療指針

    金沢大学・病態検査学 大竹茂樹
  • 正常核型AML-治療の現況と層別化への展望

    名古屋大学・難治感染症部 清井 仁
  • 治療関連性AMLの病態と臨床

    京都府立医科大学・血液・腫瘍内科 堀池重夫
  • AML治療におけるgemtuzumab ozogamicinの役割

    日本大学・血液膠原病内科 三浦勝浩,ほか
  • 再発・難治性AMLの治療プロトコール

    群馬県済生会前橋病院・白血病治療センター 宮脇修一
  • 高齢者AMLの治療

    名古屋市立東市民病院・第二内科 脇田充史
  • AMLに対する造血幹細胞移植の適応-最近の進展

    国立がんセンター中央病院・臨床検査部 森 慎一郎
  • AMLにおける新規分子標的薬の展望

    東京医科大学・第一内科 岡部聖一,ほか
  • AMLのゲノム解析

    自治医科大学・ゲノム機能研究部 間野博行

話題

  • MGUSから骨髄腫への進展と染色体異常

    愛知医科大学・血液内科 花村一朗
  • イマチニブ時代のPh陽性急性リンパ性白血病(ALL)の治療

    東京都立駒込病院・血液内科 秋山秀樹
  • 微小残存病変を指針としたALLの治療指針

    名古屋大学・血液・腫瘍内科学 成松宏人,ほか
  • Notchシグナルと腫瘍血管新生

    自治医科大学・再生医学研究部 増田茂夫

解説

  • がん性疼痛対策

    順天堂大学・麻酔科学 井関雅子
  • 再生不良性貧血における抗モエシン抗体の意義

    金沢大学・細胞移植学 高松博幸,ほか
  • モデル動物を用いた白血病遺伝子の探索 -多段階発がん過程の解明に向けて

    癌研究会癌研究所・発がん研究部 中村卓郎