血液内科

血液・腫瘍科 第55巻第3号(2007年9月発行)

血液内科

血液・腫瘍科 第55巻第3号(2007年9月発行)

特集 プロテアソーム阻害剤ボルテゾミブの臨床導入

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 プロテアソーム阻害剤ボルテゾミブの臨床導入

  • プロテアソーム阻害剤ボルテゾミブ臨床導入の臨床腫瘍学における意義

    国立がんセンター中央病院・第一領域外来部 飛内賢正
  • 多発性骨髄腫におけるボルテゾミブの役割

    名古屋市立大学・血液・膠原病内科 飯田真介
  • 多発性骨髄腫に対するボルテゾミブの国外臨床試験の実施状況

    東海大学・血液・腫瘍内科 大間知 謙
  • 再発または難治性の多発性骨髄腫患者を対象としたボルテゾミブの国内臨床第I/II相試験

    東海大学・血液内科 小川吉明,ほか
  • 骨髄腫患者へのボルテゾミブ投与に際しての有害事象に対する注意点

    国立がんセンター中央病院・特殊病棟部 渡辺 隆
  • ボルテゾミブの肺毒性:国内個人輸入例を対象とした学会アンケート調査

    東京医科大学・血液内科 後藤明彦
  • 多発性骨髄腫に対するボルテゾミブの至適投与量とスケジュールに関する再検討の可能性

    名古屋市立大学・腫瘍・免疫内科学 楠本 茂,ほか
  • プロテアソーム阻害剤ボルテゾミブのATL細胞に対する抗腫瘍効果

    京都大学ウイルス研究所・感染免疫研究領域 佐藤賢文,ほか

話題

  • 日本人がん患者におけるゲムシタビンの薬物動態とCDA遺伝子多型

    国立医薬品食品衛生研究所・薬物応答予測プロジェクト 杉山永見子,ほか
  • 限局型小細胞肺がんの標準治療確立へ向けた治療戦略

    愛知県がんセンター愛知病院・呼吸器内科 高橋孝輔,ほか
  • ホジキンリンパ腫におけるReed-Sternberg型巨細胞の表現型の予後的意義について

    信州大学・臨床検査部 浅野直子,ほか
  • 不活化Sendai virusによるがん免疫療法の可能性

    大阪大学・遺伝子治療学 金田安史
  • リツキシマブ投与後の遅発性好中球減少症

    東京大学・血液・腫瘍内科 伊豆津宏二

解説

  • 多発性骨髄腫による骨破壊メカニズム

    徳島大学・生体情報内科学 安倍正博
  • HTLV-I 関連疾患の病理的研究成果

    久留米大学・病理学 大島孝一,ほか
  • 新たな融合遺伝子AML1-TRPS1による白血病発症機構

    熊本大学・血液内科 麻生範雄
  • 移植後HHV-6感染症

    慶應義塾大学・血液内科 森 毅彦