血液内科

第66巻第6号(2013年6月発行)

血液内科

第66巻第6号(2013年6月発行)

特集 血液疾患の進展・難治化とその克服

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 血液疾患の進展・難治化とその克服

  • 再発・難治性AMLに対するclofarabineの臨床効果

    がん・感染症センター都立駒込病院・血液内科 梅澤佳央,ほか…677
  • 骨髄異形成を伴うAMLの臨床的特徴と治療

    自治医科大学・血液学 岡塚貴世志,ほか…684
  • 再発ALLの治療戦略

    自治医科大学附属さいたま医療センター・血液科 賀古真一,ほか…690
  • TKI時代のCML急性転化の現状と対応

    秋田大学・血液腎臓膠原病内科 高橋直人…698
  • T315I陽性CMLに対する新規薬剤の展望

    東京医科大学・血液内科 田内哲三…706
  • JAK2阻害剤に対する耐性化のメカニズム

    宮崎大学・消化器血液内科 幣 光太郎,ほか…710
  • CLLのRichter転化とその治療

    福岡大学・腫瘍・血液・感染症内科 高松 泰…718
  • MGUSからの多発性骨髄腫への進展と早期治療の意義

    徳島大学・生体情報内科学 原田武志,ほか…724
  • 再発・難治性多発性骨髄腫に対するボルテゾミブ・サリドマイド・デキサメタゾン併用療法

    国立病院機構岡山医療センター・血液内科 角南一貴…731
  • 難治性再生不良性貧血に対するエルトロンボパグ

    金沢大学・血液内科 山崎宏人…740
  • 再発・難治性ITPの治療選択

    慶應義塾大学・血液内科 宮川義隆…746

話題

  • 眼付属器MALTリンパ腫の治療とChlamydophila psittaci 除菌療法

    愛媛大学・生体統御内科学 鹿田久治,ほか…751
  • Waldenstromマクログロブリン血症におけるMYD88変異

    愛知医科大学・血液内科 花村一朗,ほか…756
  • 腸管微小環境とGVHD

    九州大学・救命救急センター 江里口芳裕…762

解説

  • MDSにおけるIPSS-R:改訂のポイント

    長崎大学原爆後障害医療研究所・血液内科学 松尾真稔,ほか…769
  • 低リスクMDSの新たな予後予測モデルと遺伝子変異の意義

    東京大学・血液・腫瘍内科 南谷泰仁,ほか…775
  • 成人 T 細胞白血病・リンパ腫に対する同種移植の成績

    慈愛会今村病院分院・血液内科 宇都宮 與,ほか…781
  • POEMS症候群に対する自家移植

    千葉大学・血液内科 中世古知昭…789
  • 造血幹細胞移植におけるSNPとその意義

    愛知県がんセンター研究所・疫学・予防部 森島泰雄…798

原著

  • 低酸素血症を生じた血管内大細胞型 B 細胞リンパ腫の 1 例

    東郷会恵愛堂病院・内科 星野洋一,ほか…806