血液内科

第67巻第2号(2013年8月発行)

血液内科

第67巻第2号(2013年8月発行)

特集 慢性骨髄性白血病診療の現状と新たな展開2013

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 慢性骨髄性白血病診療の現状と新たな展開2013

  • CML幹細胞研究の進展

    神戸大学・輸血部 南 陽介…131
  • CMLに対する予後予測スコア:日常診療における有用性

    大阪市立大学・血液腫瘍制御学 中前博久…138
  • 初発慢性期CMLの治療:第 2 世代TKIの位置づけ

    埼玉医科大学総合医療センター・血液内科 阿南朋恵,ほか…144
  • 新たな第 2 世代ABL TKIsの基礎と臨床

    佐賀大学・血液・呼吸器・腫瘍内科 木村晋也…152
  • 第 3 世代TKI開発の現状-Ponatinibを中心に-

    自治医科大学・血液学 永井 正…159
  • TKIの治療効果予測とモニタリング

    秋田大学・血液腎臓膠原病内科 高橋直人…166
  • TKIによる晩期有害事象とその対策

    広島市立安佐市民病院・血液内科 田中英夫…173
  • TKI中止の可能性

    三重大学・輸血部 大石晃嗣,ほか…181
  • 進行期(移行期/急性転化期)CMLの治療方針

    がん・感染症センター都立駒込病院・血液内科 高橋幸江,ほか…189
  • TKI時代における慢性骨髄性白血病に対する同種造血幹細胞移植

    慶應義塾大学・血液内科 森 毅彦,ほか…197
  • 治癒を目指したCML治療の方向性

    東京大学医科学研究所・先端医療研究センター 東條有伸…201

話題

  • 急性前骨髄球性白血病に対するATRAと亜ヒ酸の併用療法

    埼玉医科大学総合医療センター・血液内科 木崎昌弘…207
  • 同種造血幹細胞移植後再発成人 T 細胞白血病の治療

    長崎大学・血液内科 対馬秀樹…213
  • 間葉系幹細胞との共培養による体外増幅を用いた臍帯血移植

    自治医科大学・血液学 多々良礼音…219
  • 間葉系幹細胞による造血制御と臨床応用

    京都大学・輸血細胞治療部 三浦康生…227
  • ヒトiPS細胞による造血器腫瘍の病態解明への応用

    大阪大学・未来医療センター 江副幸子…232
  • 再発DLBCLに対する自家移植後のrituximabによる維持療法は有効か?

    東海大学・血液・腫瘍内科 大間知 謙…237

解説

  • バイオシミラー導入とその課題

    東海大学・血液・腫瘍内科 安藤 潔…241
  • MDSの分子病態解明の進歩

    埼玉医科大学国際医療センター・造血器腫瘍科 麻生範雄…247
  • 多発性骨髄腫における遺伝子発現プロファイリング(GEP)と予後

    名古屋市立大学・腫瘍・免疫内科 李 政樹…256
  • 造血幹細胞ニッチ研究の進展

    岡山大学・血液・腫瘍・呼吸器内科学 淺田 騰…264