血液内科

第67巻第6号(2013年12月発行)

血液内科

第67巻第6号(2013年12月発行)

特集 血液腫瘍と細胞表面抗原

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 血液腫瘍と細胞表面抗原

  • フローサイトメトリーによるリンパ系腫瘍の診断

    JR東京総合病院・血液・腫瘍内科 杉本耕一…695
  • 細胞表面抗原を用いた骨髄系腫瘍の診断

    小平記念東京日立病院・内科 須永眞司…712
  • 細胞障害分子の診断的意味

    東京大学医科学研究所・検査部 大田泰徳…718
  • NK細胞の分化と腫瘍化に伴う免疫形質の変化

    聖マリアンナ医科大学・血液・腫瘍内科 磯部泰司…722
  • リンパ腫診断におけるEBウイルス感染細胞検出の意義

    名古屋大学・ウイルス学 木村 宏…728
  • 細胞表面抗原を用いた形質細胞腫瘍の診断

    名古屋市立西部医療センター・血液・腫瘍内科 稲垣 淳,ほか…735
  • 皮膚リンパ腫の鑑別診断における表面抗原の役割

    東京大学・皮膚科学 菅谷 誠…743
  • 遺伝子発現解析を用いたリンパ系腫瘍の分類

    東京大学・分子病理学 鈴木 洋,ほか…750
  • 造血器腫瘍の新たな治療標的としての細胞表面抗原

    名古屋大学・造血細胞移植情報管理・生物統計学 鈴木律朗…755

話題

  • 好中球は,好中球/樹状細胞ハイブリッド細胞に分化する

    三井記念病院・血液内科 高橋強志…763
  • MDSにおいてmiR-21はTGF-βシグナルを介して造血を抑制する

    大阪市立大学・血液腫瘍制御学 中嶋康博,ほか…767
  • Hodgkinリンパ腫において T 細胞抗原の発現は予後不良因子といえるか-細胞傷害性分子陽性ホジキンリンパ腫に着目して-

    名古屋大学・検査部 浅野直子…773

解説

  • 再発性中枢神経リンパ腫に対する脳室内への免疫化学療法

    順天堂大学・血液学 角南義孝,ほか…777
  • レナリドミドは単球由来nurse様細胞を介して慢性リンパ性白血病細胞の生存を抑制する

    新潟薬科大学・臨床腫瘍学 青木定夫…783
  • FOXO3Aはオートファジーを介して造血幹細胞を維持する

    東海大学・再生医学センター 八幡 崇…791
  • インテグリンα4阻害は薬剤不応性pre-B急性リンパ芽球性白血病を感受性にする

    NTT東日本関東病院・血液内科 半下石 明…797