血液内科

第85巻第1号(2022年7月発行)

血液内科

第85巻第1号(2022年7月発行)

特集 血液疾患における抗体医薬と免疫細胞療法の新たな展開

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • 電子版

    ・こちらの商品は専用の電子書籍リーダーでご覧頂けます。
    ・ダウンロードをご希望の場合には、PDF版をご利用下さい。
    ・電子版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)

    電子版の詳しい説明 »

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 血液疾患における抗体医薬と免疫細胞療法の新たな展開

  • B細胞性非ホジキンリンパ腫に対する抗体医薬の現状と動向

    島根大学・血液内科 高橋 勉…1
  • T細胞性非ホジキンリンパ腫に対する抗体医薬の種類と臨床的意義

    東京大学・血液・腫瘍内科 正本庸介,ほか…7
  • 古典的ホジキンリンパ腫に対する抗体医薬の臨床的意義

    東北大学・血液内科 市川 聡,ほか…14
  • 急性B細胞性白血病に対する抗体医薬の現状と展望

    京都大学・血液内科 田代裕介,ほか…22
  • 多発性骨髄腫に対する抗体医薬の現状と展望

    京都府立医科大学・血液内科 志村勇司…29
  • 急性B細胞性白血病に対するCAR-T細胞療法の現状と開発動向

    東京大学・小児科 加藤元博…35
  • びまん性大細胞型B細胞リンパ腫に対するCAR-T細胞療法の臨床効果

    千葉大学・血液内科 李 千尋,ほか…40
  • 多発性骨髄腫に対するCAR-T細胞療法の現状と開発動向

    浜松医科大学・血液内科 永田泰之…47
  • 急性骨髄性白血病に対する抗体医薬と免疫療法の開発動向

    兵庫医科大学・血液内科 吉原 哲…54
  • CAR-T細胞療法の副作用の管理と対策

    名古屋大学・血液内科 寺倉精太郎…60
  • 発作性夜間ヘモグロビン尿症に対する抗体医薬とその開発動向

    大阪大学・血液・腫瘍内科 植田康敬…63
  • 血栓性血小板減少性紫斑病に対する抗体医薬/分子標的薬の現状と開発動向

    奈良県立医科大学・輸血部 酒井和哉…70
  • 血友病に対する抗体医薬とその臨床的意義

    新潟大学医歯学総合病院・血液内科 関 義信…77

話題

  • 成人T細胞性白血病リンパ腫の治療標的としてのCDK6

    北海道大学・血液内科 石尾 崇,ほか…84
  • HTLV-1による腫瘍化と免疫回避の機序

    熊本大学・ヒトレトロウイルス学共同研究センター 佐藤賢文…89
  • 多発性骨髄腫におけるRd療法の最適化とステロイド長期使用の意義

    伊勢原協同病院・血液内科 扇屋大輔…95
  • 人工多能性幹細胞からの効果的な好中球産生法の開発

    Stanford University 宮内 将…102

解説

  • 急性前骨髄球性白血病に対するオールトランスレチノイン酸・三酸化ヒ素併用療法の動向

    筑波大学・血液内科 横山泰久…107
  • 高齢者骨髄異形成症候群に対する同種造血幹細胞移植 vs. 脱メチル化薬

    東京大学・血液・腫瘍内科 本田 晃,ほか…112
  • 骨髄異形成症候群の個別化予後予測モデル

    日本医科大学・血液内科 永田安伸…116
  • 濾胞性リンパ腫のPOD24とその臨床的意義

    虎の門病院・血液内科 山本 豪…122
  • 慢性リンパ性白血病におけるmeasurable residual diseaseの臨床的意義

    北里大学・血液内科 鎌田浩稔…126

連載 血液専門医講座

  • 血液専門医のための模擬テスト28-解答と解説-

    熊本大学・がんセンター 野坂生郷…132
  • 血液専門医のための模擬テスト29

    東京警察病院・血液内科 荒井俊也…135