臨床免疫・アレルギー科

第55巻第2号(2011年2月発行)

臨床免疫・アレルギー科

第55巻第2号(2011年2月発行)

特集 I.免疫応答の制御と自己免疫疾患
特集 II.重症喘息の診断と治療

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 I.免疫応答の制御と自己免疫疾患

  • CD4+CD25-LAG3+制御性 T 細胞について

    東京大学・アレルギー・リウマチ学 住友秀次
  • Foxp3陽性CD8+ T 細胞の発生とその機能

    大阪大学・免疫発生学 鶴岡峰子,ほか
  • IL-35によるFoxp3+制御性 T 細胞の増強

    順天堂大学・膠原病内科学 仲野総一郎,ほか
  • RANKLとFasによる免疫応答の制御

    徳島大学・口腔分子病態学 石丸直澄,ほか
  • 樹状細胞のDCIRによる免疫応答の制御

    Dept. of Pathology, Harvard Medical School 藤門範行
  • 樹状細胞におけるIL-10とIFN-γの協調作用

    北海道医療大学・病態生理学 柳川芳毅
  • ユビキチンリガーゼによる炎症性サイトカインの産生抑制

    東京医科歯科大学・膠原病・リウマチ内科学 豊本雅靖,ほか
  • TIARPによる炎症性サイトカインの産生抑制

    筑波大学・臨床免疫学 井上明日香,ほか

特集 II.重症喘息の診断と治療

  • 重症喘息の診断・管理におけるバイオマーカー-呼気一酸化窒素・impulse oscillation system(IOS)を中心に-

    福島県立医科大学・呼吸器内科学 佐藤 俊,ほか
  • 重症喘息における炎症病態

    埼玉医科大学・呼吸器内科 西原冬実,ほか
  • EPR3における抗IgE抗体の位置づけ

    市立岸和田市民病院・呼吸器アレルギー科 加藤元一
  • 重症喘息に対するオマリズマブの有効性

    昭和大学・呼吸器・アレルギー内科 田中明彦
  • 難治性喘息に対する白血球除去療法

    群馬大学・呼吸器・アレルギー内科 石塚 全
  • 難治性喘息における,末梢気道閉塞と副鼻腔炎の関係と,HFA-BDP経鼻呼出法による治療

    三菱京都病院・呼吸器・アレルギー科 安場広高
  • 重症気管支喘息発作に対する非侵襲的陽圧換気療法(NPPV)の有用性

    浜松医科大学・第二内科 安井秀樹,ほか

総説

  • 多発性硬化症におけるαB-crystallinとosteopontinの関与

    国立精神・神経医療研究センター神経研究所・免疫研究部 荒浪利昌,ほか

話題

  • IL-13による腸管上皮の透過性亢進の機序

    国立国際医療研究センター研究所・肝炎・免疫研究センター 川島 麗,ほか

解説

  • 拡張抗原提示による T 細胞活性化機構

    東京大学・アレルギー・リウマチ学 澁谷美穂子,ほか
  • 食細胞の機能と低酸素環境

    杏林大学・衛生学公衆衛生学 大野秀樹,ほか
  • ドパミン産生樹状細胞によるTh17細胞の誘導

    産業医科大学・第一内科学 中野和久,ほか