臨床免疫・アレルギー科

第74巻第2号(2020年8月発行)

臨床免疫・アレルギー科

第74巻第2号(2020年8月発行)

特集 I.臓器連関
特集 II.アナフィラキシーと遺伝性血管性浮腫の新たな知見
[冊子版ISSN:1881-1930 電子版ISSN:2188-9430]

  • 冊子版

    定価 ¥3,300
    (本体 ¥3,000+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

  • 電子版

    ・こちらの商品は専用の電子書籍リーダーでご覧頂けます。
    ・ダウンロードをご希望の場合には、PDF版をご利用下さい。
    ・電子版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

    定価 ¥3,300
    (本体 ¥3,000+税)

    電子版の詳しい説明 »

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 I.臓器連関

  • 心腎連関

    千葉大学・長寿医学 真鍋一郎…97
  • 神経と腎臓の臓器連関

    東京大学・腎臓・内分泌内科 中村恭菜,ほか…102
  • 神経系による造血制御機構

    岡山大学病院・血液腫瘍内科 淺田 騰,ほか…110
  • モデル生物を用いた臓器連関の遺伝学的研究

    東京大学・遺伝学 益田 周,ほか…117
  • 栄養状態に依存したリンパ球の腸-骨髄連関

    慶應義塾大学・生化学 永井基慈,ほか…124

特集 II.アナフィラキシーと遺伝性血管性浮腫の新たな知見

  • 食物アレルギーと食物依存性運動誘発アナフィラキシーの新たな知見

    横浜市立みなと赤十字病院・アレルギーセンター 中村陽一…132
  • ラテックス-フルーツ症候群の新たな知見

    藤田医科大学ばんたね病院・総合アレルギー科 矢上晶子…140
  • 薬剤によるアナフィラキシーの新たな知見

    帝京大学ちば総合医療センター・第三内科 山口正雄…146
  • ハチ毒によるアナフィラキシーの新たな知見

    獨協医科大学埼玉医療センター・呼吸器・アレルギー内科 平田博国,ほか…151
  • 遺伝性血管性浮腫の新たな知見

    九州大学病院別府病院・免疫・血液・代謝内科 堀内孝彦…158

総説

  • 神経系と免疫系のクロストーク:ゲートウェイ反射を中心に

    北海道大学・遺伝子病制御研究所 内田萌菜,ほか…165

話題

  • カスパーゼ-1 による計画的細胞死:パイロトーシスかアポトーシスか?

    金沢大学・がん進展制御研究所 土屋晃介…173
  • CD103highTreg 細胞による肺線維化抑制

    千葉大学・免疫発生学 小久保幸太,ほか…180
  • オレキシンと肥満

    東邦大学・微細形態学 船戸弘正…185
  • 特発性肺線維症の病態におけるネクロプトーシス

    徳島大学・ポストLEDフォトニクス研究所 大塚邦紘,ほか…192
  • サルコイドーシスにおけるMAIT細胞の病態形成における役割

    東邦大学医療センター大森病院・呼吸器内科 一色琢磨,ほか…199

解説

  • シングルセルRNA-seq による細胞ヘテロジェナイティの探索

    理化学研究所・生命医科学研究センター 秋山泰身,ほか…204
  • IL-33 とアレルギー

    東京大学・医科学研究所 沼田貴史,ほか…210