臨床免疫・アレルギー科

第74巻第5号(2020年11月発行)

臨床免疫・アレルギー科

第74巻第5号(2020年11月発行)

特集 I.MHCバイオロジー
特集 II.IL-33バイオロジー
[冊子版ISSN:1881-1930 電子版ISSN:2188-9430]

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • 電子版

    ・こちらの商品は専用の電子書籍リーダーでご覧頂けます。
    ・ダウンロードをご希望の場合には、PDF版をご利用下さい。
    ・電子版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)

    電子版の詳しい説明 »

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 I.MHCバイオロジー

  • 小胞体におけるMHCの品質管理

    東北大学・学際科学フロンティア研究所 金村進吾,ほか…419
  • 胸腺プロテアソームと自己ペプチド

    東京大学・免疫学 室 龍之介,ほか…427
  • MHCクラス1分子によるリポペプチド抗原提示

    京都大学・ウイルス・再生医科学研究所 杉田昌彦…434
  • 自己抗原分子/MHC複合体による自己抗体の誘導

    福島県立医科大学・微生物学 末永忠広,ほか…440
  • HLA関連疾患研究の最新情報

    東海大学・分子生命科学 椎名 隆,ほか…449
  • 造血細胞移植を成功に導くためのHLA研究

    琉球大学・内分泌代謝・血液・膠原病内科学 森島聡子…456

特集 II.IL-33バイオロジー

  • アレルギー疾患におけるIL-33と病原性Th2細胞

    かずさDNA研究所・オミックス医科学 遠藤裕介…462
  • 制御性T細胞とIL-33

    慶應義塾大学・微生物学免疫学 伊藤美菜子,ほか…470
  • IL-33と歯周炎

    東京歯科大学・口腔科学研究センター 大野建州…477
  • IL-33によるマスト細胞活性化とアレルギー:時計遺伝子とレスベラトロールによる制御

    山梨大学・免疫学 中尾篤人…484
  • 小児喘息の発症・増悪におけるIL-33

    国立成育医療研究センター研究所・免疫アレルギー・感染研究部 折茂圭介,ほか…489
  • 2型自然リンパ球とIL-33

    大阪大学・生体防御学 本村泰隆,ほか…495

総説

  • 脳梗塞における炎症と脂質メディエーター

    東京都医学総合研究所・脳卒中ルネサンスプロジェクト 中村朱里,ほか…502

話題

  • 妊娠中の母体の代謝が子供に与える影響

    東京農工大学・代謝機能制御学 宮本潤基,ほか…508
  • 自然リンパ球と神経システム

    National Institutes of Health 長島宏行,ほか…514
  • 可溶型CD155を介した新しいがんの免疫抑制機構

    筑波大学・免疫学 奥村元紀,ほか…522

解説

  • T細胞疲弊を制御するマスター転写因子

    国立国際医療研究センター研究所・肝炎・免疫研究センター 関谷高史…530
  • マルチプレックス免疫組織化学による定量的形態解析

    東京医科大学・医学総合研究所 佐藤永一…537