臨床免疫・アレルギー科

第76巻第5号(2021年11月発行)

臨床免疫・アレルギー科

第76巻第5号(2021年11月発行)

特集 I.オルガノイド研究の最前線
特集 II.円形脱毛症と毛包の科学
[冊子版ISSN:1881-1930 電子版ISSN:2188-9430]

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • 電子版

    ・こちらの商品は専用の電子書籍リーダーでご覧頂けます。
    ・ダウンロードをご希望の場合には、PDF版をご利用下さい。
    ・電子版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)

    電子版の詳しい説明 »

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 I.オルガノイド研究の最前線

  • 腸オルガノイド

    慶應義塾大学・坂口光洋記念講座 佐々木伸雄,ほか…471
  • オルガノイド研究の眼疾患への応用と再生医療

    理化学研究所・生命機能科学研究センター 万代道子,ほか…478
  • 膀胱上皮細胞の分化誘導と膀胱オルガノイド研究

    理化学研究所・生命機能科学研究センター 尾藤和浩,ほか…485
  • 肺胞オルガノイド

    理化学研究所・生命機能科学研究センター 榎本泰典,ほか…491
  • 脳オルガノイド研究の現状と展望

    京都大学・iPS細胞研究所 高橋 淳…497

特集 II.円形脱毛症と毛包の科学

  • 円形脱毛症とリンパ球遊走

    浜松医科大学・皮膚科学 伊藤泰介…504
  • 円形脱毛症の臨床と治療

    東京女子医科大学東医療センター・皮膚科 梅垣知子…509
  • 間葉系細胞を用いた毛包再生と脱毛症治療のストラテジー

    杏林大学・皮膚科学 大山 学…516
  • ホルモンと脱毛

    大阪市立大学・皮膚病態学 今西久幹…523
  • 円形脱毛症の臨床

    香川大学・皮膚科学 大日輝記…530

総説

  • 胸腺T細胞初期分化と転写因子ネットワーク

    東海大学・生体防御学 細川裕之…537

話題

  • 二次進行型多発性硬化症の病態形成とEomes陽性Th細胞

    国立精神・神経医療研究センター神経研究所・免疫研究部 大木伸司…543
  • 転写因子IRF8による樹状細胞の分化制御

    横浜市立大学・免疫学 西山 晃,ほか…549
  • 1型糖尿病とHLA-MHC領域のファインマッピングによる疾患感受性アレルの解明

    大阪大学・遺伝統計学 内藤龍彦,ほか…555
  • マイクロRNAによるTh17分化と炎症性腸疾患

    慶應義塾大学・内科学 三上洋平…560

解説

  • 胸腺プロテアソームとTCRレパトア選択

    徳島大学・先端酵素学研究所 大東いずみ…567
  • がん免疫療法におけるT細胞に発現するCX3CR1の重要性

    Roswell Park Comprehensive Cancer Center 大場崇旦,ほか…573
  • 急性肝障害とILC1

    筑波大学・免疫制御医学 松尾壯一,ほか…581