脳神経内科(神経内科)

第61巻第5号(2004年11月発行)

脳神経内科(神経内科)

第61巻第5号(2004年11月発行)

特集 I. 多発性硬化症の疫学
特集 II. 光イメージングシステムの現状と展望

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 I. 多発性硬化症の疫学

  • 日本における多発性硬化症疫学調査の意義

    北海道医療大学心理科学部 田代邦雄
  • アジアにおける多発性硬化症疫学調査の現状

    九州大学神経内科学 小副川 学ほか
  • 鳥取県の多発性硬化症疫学調査

    鳥取大学脳神経内科 楠見公義ほか
  • 北海道十勝地区の多発性硬化症疫学調査

    JA北海道厚生連帯広厚生病院神経内科 保前英希ほか
  • 北海道旭川市の多発性硬化症疫学調査

    旭川医科大学第一内科 相澤仁志ほか

特集 II. 光イメージングシステムの現状と展望

  • 近赤外光を用いた脳機能計測-その基礎と臨床応用-

    北海道大学電子科学研究所 田村 守
  • 光イメージングによる脳損傷後の機能回復の評価

    ボバース記念病院神経リハビリテーション研究部 宮井一郎

原著

  • 左前大脳動脈の特発性解離性動脈瘤による脳梗塞で運動開始困難とともに舞踏運動を呈した 1 例

    社会保険下関厚生病院脳神経内科 高瀬敬一郎ほか
  • 石川県で17年ぶりに発生した日本脳炎の1例-わが国における2002年の特異な発症分布-

    金沢大学神経内科 池田篤平ほか
  • 神経梅毒の 1 例

    住友病院神経内科 松井秀彰ほか
  • 拡散強調画像で両側被殻外側部に異常高信号を認め,高度な意識障害が残存した低血糖性昏睡の 1 例

    島根大学神経・血液・膠原病内科 高橋一夫ほか
  • 失語症患者における半側空間無視と 内省の検討

    榊原温泉病院内科 藤田光次ほか

BRIEF CLINICAL NOTES

  • 全脊椎領域に進展した脊髄硬膜下膿瘍

    大分大学脳・神経機能統御 増田曜章ほか
  • 睡眠発作を呈したChiari奇形 I 型の 1 例

    新潟大学脳研究所神経内科 田中孔明ほか
  • 進行性球麻痺についで呼吸筋麻痺を示した抗MuSK抗体陽性重症筋無力症の 1 例

    国立病院機構名古屋医療センター神経内科 向井栄一郎ほか

REVIEW

  • 妊娠・分娩とてんかん

    金沢医科大学神経内科 廣瀬源二郎

原典・古典の紹介

  • Wallenberg症候群

    千葉西総合病院神経内科 古川哲雄

眼で見る神経内科

  • 遅延直接電位と F 波

    横浜市立大学市民総合医療センター安全管理室 長谷川 修ほか
  • 好酸球性筋膜炎の診断にはGd造影脂肪抑制MRIが有用である

    国立精神・神経センター国府台病院神経内科 藤田浩司ほか
  • MRI拡散強調画像とFLAIR画像で両側中心前回に病変を伴ったWernicke脳症

    東海大学神経内科 北 史子ほか
  • 両側前頭葉にも病巣が出現したMarchiafava-Bignami病

    公立八鹿病院神経内科 宗田高穂ほか

臨床メモ

  • 出生率の低下

    千葉西総合病院神経内科 古川哲雄