血液内科

血液・腫瘍科 第43巻第1号(2001年7月発行)

血液内科

血液・腫瘍科 第43巻第1号(2001年7月発行)

特集 抗悪性腫瘍薬の少量分割投与法-Weekly投与法とその有効性-

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 抗悪性腫瘍薬の少量分割投与法-Weekly投与法とその有効性-

  • 乳癌に対するweekly投与法

    国立がんセンター中央病院・内科 山本理絵,ほか
  • 卵巣がんのWeekly Chemotherapy

    日本大学・産婦人科 坂元秀樹,ほか
  • 胃癌に対するweekly投与

    岐阜大学・第二外科 佐治重豊,ほか
  • 大腸癌に対するweekly投与法(少量分割投与法)-Tumor dormancy therapyとの関連-

    金沢大学・がん研究所 高橋 豊

話題

  • G-CSFのGVL作用

    北海道大学・癌制御医学 今村雅寛,ほか
  • 血管新生阻害因子としてのNK4とその癌治療への応用と展望

    大阪大学・バイオメディカル教育研究センター 久場敬司,ほか
  • 急性骨髄性白血病細胞におけるヒストン脱アセチル化酵素阻害剤によcostimulatory/adhesion分子の誘導

    名古屋大学・病態内科 前田高宏,ほか

解説

  • Fludarabineと悪性リンパ腫

    東海大学・血液リウマチ内科 大間知 謙,ほか
  • Non-MALT marginal zone B-cell lymphoma

    国立がんセンター中央病院・薬物療法部 小林幸夫
  • 抗悪性腫瘍薬の作用発現と遺伝子多型

    東京大学・薬学部 前田和哉,ほか

総説

  • ベータ2ミクログロブリンの新しい細胞死への作用

    自治医科大学・内科 森 政樹,ほか