血液内科

血液・腫瘍科 第46巻第4号(2003年4月発行)

血液内科

血液・腫瘍科 第46巻第4号(2003年4月発行)

特集 ウイルス発がん研究の現状

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 ウイルス発がん研究の現状

  • EBウイルスRNAの発がん活性

    北海道大学・遺伝子病制御研究所 南保明日香,ほか
  • 膿胸関連リンパ腫とEBウイルス

    大阪大学・病理病態 青笹克之,ほか
  • 胃がんとEBウイルス

    鳥取大学・生命科学 星川淑子,ほか
  • HTLV-1感染とATLの発症機構

    京都大学ウイルス研究所 松岡雅雄
  • ATLに対する抗腫瘍免疫療法の可能性

    東京医科歯科大学・免疫治療 神奈木真理
  • HCVコア蛋白とシグナル伝達

    東京大学・消化器内科 加藤直也,ほか

話題

  • Rituximabによるin vivo purging

    愛知県がんセンター血液細胞療法部 小椋美知則
  • cDNA microarrayを用いたCMLのイマチニブ(imatinib mesylate;STI571)に対する感受性予測

    東京大学医科学研究所ヒトゲノム解析センター 金田靖行,ほか
  • 抗がん剤の臨床薬理とpharmacogenomics

    国立がんセンター東病院化学療法科 河田健司,ほか

解説

  • Minimal residual diseaseの検出

    京都府立医科大学・第三内科 横田昇平,ほか
  • PNH研究の最近の進歩

    福島県立医科大学・第一内科 七島 勉,ほか
  • Patterns of Care Studyからみた放射線治療のパラダイムシフト

    大阪大学・集学放射線治療 井上俊彦
  • システムバイオロジーのがん治療への応用の可能性

    科学技術振興事業団ERATO北野共生システムプロジェクト 北野宏明