血液内科

血液・腫瘍科 第49巻第3号(2004年9月発行)

血液内科

血液・腫瘍科 第49巻第3号(2004年9月発行)

特集 T 細胞リンパ腫に関する最近の研究成果

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 T 細胞リンパ腫に関する最近の研究成果

  • T 細胞リンパ腫の新WHO分類と臨床医からみた問題点

    福岡大学・第一内科 鈴宮淳司
  • nm23-H1発現と末梢 T 細胞リンパ腫患者の予後

    北里大学・第四内科 新津 望
  • Peripheral T/NK cell lymphoma-細胞傷害性因子の発現からみたスペクトラム-

    岡山大学・病理病態学 市村浩一
  • ケモカイン受容体発現に基づく末梢 T 細胞リンパ腫の再分類

    福岡大学・病理 大島孝一
  • Adult T-cell leukemia/lymphoma(ATLL)におけるケモカイン受容体発現の臨床的意義

    名古屋市立大学・臨床分子内科学 石田高司,ほか
  • γδ T 細胞腫瘍の疾患スペクトラム

    三重大学・第二内科 山口素子
  • 新規NF-κB阻害剤によるATLの分子標的治療の可能性

    北里大学・第四内科 堀江良一

話題

  • 非小細胞肺がんに対する術後化学療法の有効性に関する最近の認識

    国立病院機構九州がんセンター・呼吸器科 岡本龍郎,ほか
  • 進行期非小細胞肺がんに対するdocetaxel, cisplatin併用療法とvindesine, cisplatin併用療法のランダム化第III相試験

    がんセンター東病院・呼吸器科 長瀬清亮,ほか
  • 同種造血幹細胞移植後の遅発性肺合併症と慢性GVHD

    千葉大学・血液内科 堺田恵美子,ほか
  • びまん性大細胞型 B 細胞リンパ腫におけるCD21S抗原発現の予後因子としての意義

    三重大学・第二内科 小川祥子,ほか
  • Imatinib mesylateを用いたPh陽性急性リンパ性白血病の治療

    東京慈恵会医科大学・血液腫瘍内科 薄井紀子

解説

  • EBV関連リンパ球増殖症とそれに起因する皮膚疾患

    岡山大学・皮膚粘膜結合織学 岩月啓氏
  • 食道がんに対する術後補助化学療法の有効性

    久留米大学・集学治療センター 山名秀明,ほか
  • 同種造血幹細胞移植における真菌症の特徴と抗真菌剤開発の現状

    国立がんセンター中央病院・幹細胞療法室 藤崎譲士,ほか
  • Bortezomib(PS-341)の分子学的抗腫瘍メカニズムに関する最近の研究結果

    国立がんセンター中央病院・血液内科 渡辺 隆