血液内科

血液・腫瘍科 第51巻第3号(2005年9月発行)

血液内科

血液・腫瘍科 第51巻第3号(2005年9月発行)

特集 慢性リンパ性白血病(CLL)および類縁疾患診療の進歩

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 慢性リンパ性白血病(CLL)および類縁疾患診療の進歩

  • 総論:B 細胞分化とその腫瘍化 -カウンターパートからみたCLLの位置づけ-

    順天堂大学・血液内科 押味和夫
  • CLLの分子病態解明の進歩

    秋田大学・血液内科 廣川 誠,ほか
  • CLLの診断と治療の現況

    埼玉医科大学総合医療センター・血液内科 森 茂久
  • ヘアリー細胞白血病,B 細胞性前リンパ球性白血病の診断と治療の現況

    新潟大学・保健管理センター 青木定夫,ほか
  • 低悪性度リンパ腫の白血化:診断と治療の現況

    福岡大学・第一内科 鈴木恵子,ほか
  • CLLに対する新たな治療戦略 1)薬物療法(プリンアナログ,抗体療法)

    名古屋第二赤十字病院・血液内科 小椋美知則
  • CLLに対する新たな治療戦略 2)造血幹細胞移植の可能性

    国立がんセンター中央病院・幹細胞移植科 臼井英治,ほか

話題

  • 合成レチノイドとその臨床応用

    東京医科歯科大学・疾患生命科学 影近弘之
  • 成体型造血における転写因子AML1の機能

    東京大学・造血再生医療 市川 幹
  • 肝臓がんにおける悪性化,転移関連分子群の同定と臨床応用

    慶應義塾大学・病理学 森 泰昌,ほか
  • がん幹細胞(cancer stem cell)研究の現状と展望

    慶應義塾大学・発生分化生物学 宮本佳奈,ほか

解説

  • レドックス制御を介する発がん機構

    京都大学・病態生物医学 豊國伸哉
  • WHO分類におけるリンパ腫分類の問題点

    名古屋大学・病理部 中村栄男,ほか
  • T 細胞レセプター遺伝子導入による白血病に対する免疫遺伝子治療

    愛媛大学・第一内科 安川正貴
  • 外来のがん化学療法におけるチーム医療

    静岡県立静岡がんセンター 本山清美