血液内科

血液・腫瘍科 第54巻第2号(2007年2月発行)

血液内科

血液・腫瘍科 第54巻第2号(2007年2月発行)

特集 イマチニブ時代における慢性骨髄性白血病(CML)update

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 イマチニブ時代における慢性骨髄性白血病(CML)update

  • イマチニブでCMLは治癒できるか:IRIS試験60か月(5 年)の解析結果

    東京慈恵会医科大学・腫瘍・血液内科 薄井紀子
  • イマチニブの副作用とその対策

    新潟大学・高密度無菌治療部 古川達雄
  • イマチニブ耐性の分子機構と対策

    埼玉医科大学・血液内科 矢ケ崎史治,ほか
  • 新規チロシンキナーゼ阻害剤の開発と臨床試験の現状

    大阪大学・血液・腫瘍内科 松村 到,ほか
  • CMLに対する新たなシグナル伝達阻害剤の開発

    山梨大学・血液内科 桐戸敬太,ほか
  • CML AP/BCに対する治療

    浜松医科大学・化学療法部 小野孝明,ほか
  • イマチニブ時代のCML治療における造血幹細胞移植の位置づけ

    東京大学・血液・腫瘍内科 神田善伸
  • CMLに対する細胞免疫療法の可能性

    愛媛大学・生体統御内科学 安川正貴

話題

  • γδ T 細胞の骨髄腫骨髄微小環境に及ぼす影響

    徳島大学・生体情報内科学 安倍正博
  • 破骨細胞による造血前駆細胞の動員

    慶應義塾大学・発生・分化生物学 宮本健史
  • ダウン症候群に伴う急性巨核芽球性白血病の分子生物学的特徴

    弘前大学・小児科 照井君典,ほか
  • APL発症におけるHDACの意義

    東海大学・臨床検査学 松下弘道

解説

  • 造血幹細胞/造血器腫瘍とWntシグナル

    東京大学医科学研究所・研究拠点形成 中島秀明,ほか
  • MLL関連白血病細胞株

    慶應義塾大学・内科 佐川森彦,ほか
  • 血液細胞におけるPTENの役割

    秋田大学・分子医科学 佐々木雅人,ほか
  • ビスホスホネートによる骨転移治療の最近の進歩

    国立病院機構四国がんセンター・臨床研究部 井口東郎,ほか