血液内科

第79巻第6号(2019年12月発行)

血液内科

第79巻第6号(2019年12月発行)

特集 造血器腫瘍の進展・難治化のメカニズム
[冊子版ISSN:2185-582X 電子版ISSN:2188-9465]

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • 電子版

    ・こちらの商品は専用の電子書籍リーダーでご覧頂けます。
    ・ダウンロードをご希望の場合には、PDF版をご利用下さい。
    ・電子版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)

    電子版の詳しい説明 »

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 造血器腫瘍の進展・難治化のメカニズム

  • 急性骨髄性白血病のクローン進化

    東京大学医科学研究所・先端医療研究センター細胞療法分野 合山 進…681
  • 疾患モデルマウスによるCML急性転化の分子機構の解析

    東京女子医科大学実験動物研究所・疾患モデル研究分野 世良康如,ほか…688
  • 骨髄増殖性腫瘍の病期進展メカニズム

    宮崎大学・消化器血液学 幣 光太郎,ほか…697
  • 慢性リンパ性白血病のRichter形質転換

    島根大学・腫瘍・血液内科 藤本亜弓,ほか…702
  • 濾胞性リンパ腫の進展・難治化の分子機序

    京都大学・血液・腫瘍内科学 錦織桃子…709
  • 経過観察が可能なMALTリンパ腫の特徴

    三井記念病院・血液内科 高橋強志…715
  • マントル細胞リンパ腫の進行可能性の予測

    東北大学・血液免疫科 福原規子…719
  • 難治性びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の特徴

    三重大学・血液・腫瘍内科学 宮崎香奈…725
  • 末梢性T細胞リンパ腫の分子病態

    筑波大学・血液内科 安部佳亮,ほか…730
  • ATLにおけるクローン進化

    埼玉医科大学国際医療センター・造血器腫瘍科 塚崎邦弘…734
  • 多発性骨髄腫におけるクローン進化と難治化

    名古屋市立大学・輸血・細胞療法部 李 政樹…741

話題

  • 骨髄増殖性腫瘍と造血微小環境

    九州大学・遺伝子・細胞療法部 國崎祐哉…747

解説

  • 低用量ヒストン脱アセチル化酵素阻害薬による特発性血小板減少性紫斑病の治療

    秋田大学・血液腎臓膠原病内科 北舘明宏,ほか…752
  • 早期再発した濾胞性リンパ腫の治療

    国立病院機構名古屋医療センター・血液内科 鈴木康裕,ほか…757
  • 脂肪組織由来間葉系幹細胞からの血小板産生

    慶應義塾大学・血液内科 戸澤圭一,ほか…763

総説

  • 非ホジキンリンパ腫の治療におけるピラルビシンの位置づけ

    松波総合病院・血液内科 原 武志,ほか…768