血液内科

第80巻第4号(2020年4月発行)

血液内科

第80巻第4号(2020年4月発行)

特集 造血器腫瘍の層別化すべき病型とその診療
[冊子版ISSN:2185-582X 電子版ISSN:2188-9465]

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • 電子版

    ・こちらの商品は専用の電子書籍リーダーでご覧頂けます。
    ・ダウンロードをご希望の場合には、PDF版をご利用下さい。
    ・電子版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)

    電子版の詳しい説明 »

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 造血器腫瘍の層別化すべき病型とその診療

  • FLT3変異陽性急性骨髄性白血病の治療の現状と今後の課題

    九州大学・病態修復内科 吉本五一,ほか…469
  • CBF関連転座を有する急性骨髄性白血病の予後と治療

    名古屋大学・血液内科 石川裕一…478
  • MLL再構成を有する急性骨髄性白血病の予後と治療

    杏林大学・臨床検査技術学科 小林賢子,ほか…486
  • Monosomal karyotypeを有する急性骨髄性白血病の臨床的特徴

    愛知県がんセンター・血液・細胞療法部 柳田正光…495
  • Ph陽性急性リンパ芽球性白血病に対する治療

    東海大学・血液腫瘍内科 鬼塚真仁…500
  • Double hit lymphomaの臨床的特徴と治療成績

    岡山大学・ゲノム医療総合推進センター 遠西大輔…506
  • 十二指腸型濾胞性リンパ腫の予後と診療方針

    国立がん研究センター中央病院・血液腫瘍科 細羽梨花,ほか…511
  • 診断時に形質転換をきたした濾胞性リンパ腫の治療

    愛知県がんセンター・血液・細胞療法部 上田格弘,ほか…517
  • TP53異常を有する慢性リンパ性白血病の予後と治療方針

    島根大学・腫瘍・血液内科 藤本亜弓,ほか…522
  • 未分化大細胞リンパ腫におけるALK変異と治療戦略

    国立病院機構名古屋医療センター・小児科 関水匡大…530
  • 多発性骨髄腫における染色体異常と治療選択

    東京慈恵会医科大学附属柏病院・腫瘍・血液内科 鈴木一史…536
  • Ph陰性骨髄増殖性腫瘍におけるドライバー変異の臨床的意義とマネジメントへの応用

    順天堂大学・血液学 枝廣陽子…544

話題

  • 初発多発性骨髄腫に対するカルフィルゾミブ vs. ボルテゾミブ

    国立国際医療研究センター病院・血液内科 中村文彦…551
  • 骨髄線維症に対する分子標的薬の現状と展望

    三重大学・地域血液内科 杉本由香…557
  • SLAMF7を標的とした骨髄線維症の新たな治療

    防衛医科大学校・血液内科 前川隆彰,ほか…563
  • 白血病における細胞内アミノ酸代謝と治療標的

    国立がん研究センター研究所・造血器腫瘍研究分野 服部鮎奈…570
  • NKG2Dリガンド欠失による白血病幹細胞の免疫逃避機構

    三井記念病院・血液内科 高橋強志…577

解説

  • ベンダムスチン一次治療後に再発した濾胞性リンパ腫のマネジメント

    虎の門病院・血液内科 山本 豪…582
  • 限局期ホジキンリンパ腫に対するブレンツキシマブ ベドチン併用化学療法

    東京大学・血液・腫瘍内科 遠山和博,ほか…586
  • 骨髄線維症の造血幹細胞移植における予後因子

    順天堂大学・血液学 浜埜康晴…592
  • 免疫性血小板減少症に対する画期的新薬

    埼玉医科大学・総合診療内科 宮川義隆…598
  • 肝中心静脈閉塞症におけるデフィブロタイドの有用性

    福島県立医科大学・小児腫瘍内科 菊田 敦…603
  • キャッスルマン病に対する治療の現状と展望

    金沢医科大学・血液免疫内科学 川端 浩,ほか…609

連載 血液専門医講座

  • 血液専門医のための模擬テスト1 -解答と解説-

    埼玉医科大学総合医療センター・血液内科 富川武樹…617
  • 血液専門医のための模擬テスト2

    東京大学・血液・腫瘍内科 正本庸介…621