臨床免疫・アレルギー科

第60巻第3号(2013年9月発行)

臨床免疫・アレルギー科

第60巻第3号(2013年9月発行)

特集 I.自己免疫疾患の発症関与要因
特集 II.アトピ−性皮膚炎の病態と治療

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 I.自己免疫疾患の発症関与要因

  • 損傷細胞由来DNAと自己免疫疾患

    国立感染症研究所・ハンセン病研究センター 鈴木幸一…247
  • 自己免疫疾患におけるSLAMファミリー受容体の関与

    順天堂大学・分子病理病態学 林 青順,ほか…258
  • ZAP70の変異と自己免疫疾患

    名古屋市立大学・腫瘍・免疫内科学 前田伸治…263
  • 抗リン脂質抗体による病変形成とCD36

    北海道大学・第二内科 加藤 将,ほか…270

特集 II.アトピ-性皮膚炎の病態と治療

  • アトピー性皮膚炎の皮膚バリアからみた病態

    慶應義塾大学・皮膚科学 佐々木貴史,ほか…276
  • アトピー性皮膚炎の免疫学的発症機序

    京都大学・皮膚科学 椛島健治…282
  • アトピー性皮膚炎の治療Overview

    浜松医科大学・皮膚科学 戸倉新樹…290
  • アトピー性皮膚炎の病態に基づいた新規治療法

    東京医科歯科大学・皮膚科学 井川 健…295
  • アトピー性皮膚炎の悪化因子対策

    大阪大学・皮膚科学 室田浩之…302

総説

  • 免疫記憶の制御

    千葉大学・免疫発生学 遠藤裕介,ほか…309

話題

  • IgEκとprotein Lによるマスト細胞活性化

    日本大学・医学部総合医学研究所 布村 聡,ほか…317
  • pHとマスト細胞機能

    群馬大学・呼吸器・アレルギー科 上出庸介,ほか…324
  • IL-4, IL-13による炎症惹起とペリオスチン

    佐賀大学・分子医化学 増岡美穂,ほか…330

解説

  • トリパノソーマ感染防御におけるIL-17の役割

    佐賀大学・免疫学 吉田裕樹…340
  • B 細胞からのIL-10産生機序

    大阪大学・免疫学フロンティア研究センター 馬場義裕…346
  • 強皮症の病態における血管内皮前駆細胞の役割

    慶應義塾大学・リウマチ内科 桑名正隆…351