臨床免疫・アレルギー科

第74巻第3号(2020年9月発行)

臨床免疫・アレルギー科

第74巻第3号(2020年9月発行)

特集 I.リンパ球に関する新知見
特集 II.アレルギー炎症の制御とそのメカニズム
[冊子版ISSN:1881-1930 電子版ISSN:2188-9430]

  • 冊子版

    定価 ¥3,300
    (本体 ¥3,000+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ180円の送料がかかります。

  • 電子版

    ・こちらの商品は専用の電子書籍リーダーでご覧頂けます。
    ・ダウンロードをご希望の場合には、PDF版をご利用下さい。
    ・電子版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

    定価 ¥3,300
    (本体 ¥3,000+税)

    電子版の詳しい説明 »

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 I.リンパ球に関する新知見

  • T細胞の維持と免疫応答におけるIL-7受容体の発現制御と機能

    京都大学・検査技術科学 榛葉旭恒,ほか…219
  • 2型自然リンパ球における足場蛋白質IQGAP1の新たな役割

    東北大学・免疫学 田山舜一,ほか…226
  • TNFスーパーファミリー(TNFSF)によるヒト2型自然リンパ球の活性化機構

    札幌医科大学・微生物学 小笠原徳子…234
  • 肺滞在型メモリーCD8T細胞の分化・維持機構

    近畿大学・免疫学 高村史記…241
  • 糖質ステロイドは低親和性記憶CD8陽性T細胞を選択的に制御する

    名古屋大学・分子細胞免疫学 杉山大介,ほか…247

特集 II.アレルギー炎症の制御とそのメカニズム

  • 好塩基球上のアラジン-1は経口アレルゲン誘導性アナフィラキシーを抑制する

    筑波大学・免疫学 柴垣翔平,ほか…253
  • 経皮感作は皮膚制御性T細胞による樹状細胞遊走の阻害を介して制限される

    京都大学・皮膚科学 花川 奨,ほか…261
  • 1型インターフェロンによるマスト細胞機能の制御機構

    国立国際医療研究センター研究所・分子炎症制御プロジェクト 小林俊彦,ほか…271
  • HousedustmiteのSLITによる下気道への影響

    国際医療福祉大学熱海病院・アレルギー内科 星野 誠…277
  • 乳児アトピー性皮膚炎患者における食物アレルギー発症予防研究

    国立成育医療研究センター・アレルギーセンター 山本貴和子,ほか…282

総説

  • 「骨の中の生きたままでのイメージング系」を駆使した新しい研究展開

    大阪大学・免疫細胞生物学 森本彬人,ほか…288

話題

  • 関節を破壊する悪玉破骨前駆細胞の同定と可視化

    大阪大学・免疫細胞生物学 長谷川哲雄,ほか…294
  • がん患者の疼痛緩和に対する漢方薬使用の有用性

    東京慈恵会医科大学・疼痛制御研究講座 上園保仁,ほか…300

解説

  • ヒトFoxP3+制御性T細胞の多様性とその解析

    大阪大学・免疫学フロンティア研究センター 木林達也,ほか…307
  • 慢性特発性蕁麻疹(CSU)の病態における組織因子(TF)の役割

    広島大学・治療薬効学 柳瀬雄輝,ほか…314