腫瘍内科

第12巻第6号(2013年12月発行)

腫瘍内科

第12巻第6号(2013年12月発行)

特集 個別化医療を目的としたバイオマーカーのコンパニオン開発

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 個別化医療を目的としたバイオマーカーのコンパニオン開発

  • コンパニオン診断薬にかかわる規制,ガイダンスおよび課題

    国立がん研究センター中央病院・乳腺・腫瘍内科 山本春風…613
  • EGFRチロシンキナーゼ阻害剤使用におけるEGFR遺伝子変異検査

    九州大学・九州連携臨床腫瘍学 岩間映二,ほか…620
  • Vemurafenibにおけるコンパニオン診断薬の開発-BRAF V600E mutation-

    国立がん研究センター中央病院・呼吸器内科 白石英晶,ほか…626
  • Cetuximab,Panitumumabにおけるコンパニオン診断薬の開発-KRAS mutation

    国立がん研究センター東病院・消化管内科 坂東英明,ほか…632
  • CMLに対するABLチロシンキナーゼ阻害剤治療のバイオマーカーと戦略

    神戸大学・輸血部 南 陽介…640
  • Crizotinibにおけるコンパニオン診断薬の開発-ALK fusion protein

    近畿大学・腫瘍内科 高濱隆幸,ほか…645
  • Trastuzumabにおけるコンパニオン診断薬の開発-HER2 expression/amplification

    国立がん研究センター中央病院・乳腺・腫瘍内科 田辺裕子,ほか…652
  • Mogamulizumabにおけるコンパニオン診断薬の開発-CCR protein-

    国立がん研究センター中央病院・血液腫瘍科 福原 傑,ほか…662
  • Irinotecanにおけるコンパニオン診断薬の開発-UGT1A1

    名古屋大学・化学療法部 満間綾子,ほか…668

話題

  • イメージング質量分析を用いた抗悪性腫瘍薬の薬物動態解析

    国立がん研究センター早期・探索臨床研究センター・トランスレーショナルリサーチ分野 濱田哲暢,ほか…674
  • ER陽性早期乳がん患者への10年間タモキシフェン-ATLAS試験,aTTom試験

    国立病院機構四国がんセンター・乳腺科・化学療法科 原 文堅…681

解説

  • T 細胞補助シグナル制御に関連する新規がん免疫療法の開発動向

    国立がん研究センター中央病院・先端医療科 北野滋久…688

今月の症例

  • 切除不能進行大腸がんに対する抗EGFR抗体療法においてRAS遺伝子測定による治療最適化の必要性が示唆された症例

    国立がん研究センター早期・探索臨床研究センター・トランスレーショナルリサーチ分野 岡本 渉…696

連載

  • がん薬物療法専門医講座:がん薬物療法専門医のための模擬テスト42-解答と解説-

    山形大学・臨床腫瘍学 伊藤由理子…701
  • がん薬物療法専門医講座:がん薬物療法専門医のための模擬テスト43

    国立がん研究センター中央病院・乳腺・腫瘍内科 公平 誠…703