腫瘍内科

第14巻第5号(2014年11月発行)

腫瘍内科

第14巻第5号(2014年11月発行)

特集 免疫療法の逆襲を現実化した免疫checkpointの修飾

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 免疫療法の逆襲を現実化した免疫checkpointの修飾

  • Burnetの “がんに対する免疫監視機構” 理論とがん免疫療法の齟齬

    日本臨床腫瘍学会・事務局特別顧問 西條長宏…403
  • がん免疫療法開発の戦略と課題

    慶應義塾大学先端医科学研究所・細胞情報研究部門 河上 裕,ほか…407
  • 免疫チェックポイントにかかわる分子とその役割

    札幌医科大学・病理学第一 金関貴幸,ほか…414
  • T 細胞におけるPD-1の生理機能と分子基盤

    理化学研究所・統合生命医科学研究センター 横須賀 忠…419
  • 抗CTLA-4抗体を用いたメラノーマの治療

    信州大学・皮膚科 宇原 久,ほか…427
  • 抗PD-1抗体開発の現状

    川崎医科大学・臨床腫瘍学 山口佳之,ほか…434
  • 抗PD-L1抗体開発の現状

    国立がん研究センター中央病院・呼吸器内科 油田さや子,ほか…439
  • 抗CCR4抗体を用いたATLの治療

    名古屋市立大学・血液・腫瘍内科学 伊藤 旭,ほか…443
  • Immune checkpointを標的とする抗腫瘍薬としての抗体

    帝京大学・腫瘍内科 渡邊清高,ほか…449
  • リンパ腫治療でのPD-1阻害

    岡山大学・血液・腫瘍内科 松岡賢市…455
  • Immune checkpointに作用する薬剤による自己免疫反応の惹起とその対策

    近畿大学・腫瘍内科 武田真幸…463
  • Tregによる免疫反応の制御とimmune checkpointによる免疫修飾の違い

    国立がん研究センター中央病院・先端医療科 北野滋久,ほか…469
  • ペプチド抗原を用いたがん免疫療法の今後の戦略

    久留米大学先端癌治療研究センター・臨床研究部門 野口正典…475
  • 免疫療法の臨床評価に関する問題点

    国立がん研究センター研究支援センター・JCOG運営事務局 中村健一,ほか…480
  • 免疫療法の薬事承認

    医薬品医療機器総合機構・再生医療製品等審査部 佐藤大作…487

話題

  • 変異EGFR特異的TKI

    和歌山県立医科大学・内科学第三 赤松弘朗,ほか…493
  • 小保方論文の教訓

    日本赤十字社医療センター・化学療法科 國頭英夫…497
  • わが国における医療分野の研究開発体制の今後

    国立がん研究センター 堀田知光…503

解説

  • 誤解を招き誤用される “レギュラトリー・サイエンス” -正しくは“レギュラトリー・ファーマコロジー(医薬品・医療機器開発規制学)”

    日本臨床腫瘍学会・事務局特別顧問 西條長宏…509

今月の症例

  • 転移性脳腫瘍との鑑別を要した脳膿瘍の 1 症例

    市立岸和田市民病院・腫瘍内科 田中 妙,ほか…514

連載

  • がん薬物療法専門医講座:がん薬物療法専門医のための模擬テスト53-解答と解説-

    杏林大学・臨床検査医学 大塚弘毅,ほか…518
  • がん薬物療法専門医講座:がん薬物療法専門医のための模擬テスト54

    先端医療センター・総合腫瘍科 秦 明登…521