腫瘍内科

第25巻第6号(2020年6月発行)

腫瘍内科

第25巻第6号(2020年6月発行)

特集 消化管がん
[冊子版ISSN:1881-6568 電子版ISSN:2188-9503]

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • 電子版

    ・こちらの商品は専用の電子書籍リーダーでご覧頂けます。
    ・ダウンロードをご希望の場合には、PDF版をご利用下さい。
    ・電子版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)

    電子版の詳しい説明 »

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 消化管がん

  • 編集にあたって

    国立がん研究センター東病院・消化管内科 吉野孝之…603
  • 上部消化管がん治療state-of-the-art

    聖マリアンナ医科大学・臨床腫瘍学 伊澤直樹,ほか…604
  • 下部消化管がん治療 state-of-the-art

    北海道大学・消化器内科 川本泰之,ほか…613
  • Tumor-agnostic固形腫瘍に対する国内外のガイドライン

    国立がん研究センター東病院・消化管内科 三島沙織…622
  • Tumor agnostic固形腫瘍に対する臨床開発の現状と展望

    国立がん研究センター東病院・乳腺・腫瘍内科 内藤陽一…627
  • MSS消化管がんに対する免疫チェックポイント阻害薬の臨床開発と展望

    愛知県がんセンター・薬物療法部 坂東英明…635
  • 疾患レジストリの概要とSCRUM-Japanの取り組み

    広島大学・がん治療センター 岡本 渉…643
  • 血液循環腫瘍DNAスクリーニングにもとづく治癒切除不能な進行・再発消化器がんに対する臨床開発の現状と展望

    国立がん研究センター東病院・TR支援室 洞澤智至,ほか…650
  • 血液循環腫瘍DNAスクリーニングにもとづく術後MRD(minimal residual disease)に対する臨床開発の現状と展望

    静岡県立静岡がんセンター・消化器内科 白数洋充…660

話題

  • BRAF・HER2陽性大腸がんの治療開発の現状と展望

    愛知県がんセンター・薬物療法部 舛石俊樹…667

解説

  • Pan-Asian ESMO ガイドラインとは

    国立がん研究センター東病院・消化管内科 谷口浩也…674
  • ハイリスクstage II結腸がん術後補助化学療法における最新のエビデンスを読み解く

    静岡県立静岡がんセンター・消化器内科 古田光寛,ほか…680

連載 がん薬物療法専門医講座

  • がん薬物療法専門医のための模擬テスト122-解答と解説-

    金沢大学がん進展制御研究所・腫瘍内科 谷本 梓…687
  • がん薬物療法専門医のための模擬テスト123

    富山大学・臨床腫瘍学 梶浦新也…690