腫瘍内科

第27巻第5号(2021年5月発行)

腫瘍内科

第27巻第5号(2021年5月発行)

特集 新規がん免疫療法開発とバイオマーカー研究の現状
[冊子版ISSN:1881-6568 電子版ISSN:2188-9503]

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • 電子版

    ・こちらの商品は専用の電子書籍リーダーでご覧頂けます。
    ・ダウンロードをご希望の場合には、PDF版をご利用下さい。
    ・電子版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)

    電子版の詳しい説明 »

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 新規がん免疫療法開発とバイオマーカー研究の現状

  • 編集にあたって

    山口大学・免疫学 玉田耕治…513
  • がん免疫療法の現状と将来展望

    東京大学・免疫細胞治療学 垣見和宏…515
  • 複合がん免疫療法の進展とメカニズム解析 1)抗PD-1/L1抗体と抗CTLA-4抗体の相互作用

    がん研究会有明病院・先端医療開発センター 北野滋久…522
  • 複合がん免疫療法の進展とメカニズム解析 2)抗がん化学療法剤との複合がん免疫療法

    島根大学・免疫学 原田 守…527
  • 複合がん免疫療法の進展とメカニズム解析 3)分子標的薬との複合がん免疫療法

    富山大学・腎泌尿器科学 北村 寛…534
  • がん免疫療法の有効性予測と効果改善に関する新展開 1)抗PD-1/L1阻害剤のバイオマーカー

    国立がん研究センター中央病院・皮膚腫瘍科 名嘉眞健太,ほか…539
  • がん免疫療法の有効性予測と効果改善に関する新展開 2)CAR-T細胞療法改良のための新たな技術開発

    愛知県がんセンター研究所・腫瘍免疫応答研究分野 籠谷勇紀…546
  • 新たながん抗原同定技術に基づく治療戦略 1)DNAメチル化によるがん抗原発現の制御

    旭川医科大学・免疫病理分野 大栗敬幸,ほか…552
  • 新たながん抗原同定技術に基づく治療戦略 2)プロテオゲノミクスによるネオアンチゲン・新規がん抗原同定と免疫治療

    札幌医科大学・病理学第一 金関貴幸…558
  • 新たながん抗原同定技術に基づく治療戦略 3)ネオ抗原を標的とした個別化T細胞療法

    がん研究会がんプレシジョン医療研究センター 清谷一馬…563

話題

  • 汎用性即納型T細胞製剤を用いたがん免疫細胞療法の開発

    京都大学ウイルス・再生医科学研究所・再生免疫学 河本 宏,ほか…570
  • 抗悪性腫瘍薬のバイオ後続品の臨床試験のエンドポイント-プライマリー&セカンダリーエンドポイントの評価と意義-

    医薬品医療機器総合機構・再生医療製品等審査部 奥平真一…579

解説

  • 免疫チェックポイント阻害薬による免疫関連有害事象-COVID-19 eraにおいて—

    千葉大学・呼吸器内科 岩澤俊一郎,ほか…585

連載 がん薬物療法専門医講座

  • がん薬物療法専門医のための模擬テスト133-解答と解説-

    さいたま赤十字病院・血液内科 三橋健次郎…592
  • がん薬物療法専門医のための模擬テスト134

    近畿大学・腫瘍内科 原谷浩司…595