消化器・肝臓内科

第10巻第3号(2021年9月発行)

消化器・肝臓内科

第10巻第3号(2021年9月発行)

特集 I.消化管の希少疾患-診療の現状
特集 II.膵癌研究最前線
[冊子版ISSN:2432-3446 電子版ISSN:2432-3454]

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • 電子版

    ・こちらの商品は専用の電子書籍リーダーでご覧頂けます。
    ・ダウンロードをご希望の場合には、PDF版をご利用下さい。
    ・電子版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)

    電子版の詳しい説明 »

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 I.消化管の希少疾患-診療の現状

  • 特殊型アカラシア

    田中内科クリニック 田中心和,ほか…285
  • Gastric adenocarcinoma and proximal polyposis of the stomach(GAPPS)の臨床病理学的特徴

    岡山大学・消化器内科 川野誠司,ほか…290
  • 十二指腸神経内分泌腫瘍

    がん研究会有明病院・上部消化管内科 中尾栄祐,ほか…296
  • Serrated polyposis syndromeの診療の現状

    広島大学・未来医療センター 卜部祐司,ほか…301
  • NEMO腸炎

    大阪医科薬科大学・第二内科 木下直彦,ほか…309
  • 遺伝性血管性浮腫

    札幌医科大学・消化器内科 仲瀬裕志…313
  • 自己炎症性疾患の消化管病変

    久留米大学・消化器内科 吉岡慎一郎,ほか…319

特集 II.膵癌研究最前線

  • 細胞外小胞EVを用いた新規膵癌体液診断法

    旭川医科大学・病態代謝・消化器・血液腫瘍制御内科学 高橋賢治,ほか…328
  • 膵癌で発現するcircular RNAとバイオマーカー応用

    東京大学・消化器内科 清宮崇博,ほか…336
  • 膵臓選択的ハイドロダイナミック遺伝子導入法

    新潟大学・消化器内科 柴田 理,ほか…342
  • クロマチン制御因子Brg1の膵癌における役割

    京都大学・消化器内科 福田晃久,ほか…347
  • 膵星細胞に発現するサイトグロビンの膵癌における役割

    大阪市立大学・肝胆膵病態内科 Le Thi Thanh Thuy,ほか…354
  • 炎症制御分子Regnase-1の膵癌における役割

    大阪大学・消化器内科 岡部純弥,ほか…363
  • 膵癌間質における酸化ストレス応答

    東北大学・消化器内科 濱田 晋,ほか…368
  • 腸分化形質制御因子によるIPMN悪性化機構

    帝京大学溝口病院・消化器内科 勝倉暢洋,ほか…375
  • 癌関連線維芽細胞をターゲットにした新たな治療法

    名古屋大学・消化器内科 飯田 忠,ほか…382
  • EMTと癌幹細胞を標的とした新たな治療法

    名古屋大学・腫瘍外科 山口淳平,ほか…387

総説

  • 新型コロナウイルス感染症における消化管障害

    久留米大学・消化器内科 鶴田耕三,ほか…394