循環器内科

第92巻第1号(2022年7月発行)

循環器内科

第92巻第1号(2022年7月発行)

特集 心血管疾患のリスクとしてのNAFLD

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • 電子版

    ・こちらの商品は専用の電子書籍リーダーでご覧頂けます。
    ・ダウンロードをご希望の場合には、PDF版をご利用下さい。
    ・電子版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)

    電子版の詳しい説明 »

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 心血管疾患のリスクとしてのNAFLD

  • 巻頭言

    東京慈恵会医科大学循環器内科 吉村道博…1
  • NAFLD/NASHの疫学

    東京女子医科大学消化器内科 谷合麻紀子…3
  • NAFLDの病態研究の進歩

    九州大学病態制御内科学 宮澤 崇ほか…9
  • リン脂質合成酵素LPIAT1/MBOAT7機能不全によるNAFLD発症機構

    東京大学衛生化学 河野 望…15
  • 高トリグリセリド血症と動脈硬化

    東京医科歯科大学先進倫理医科学 石井秀人…21
  • NAFLD/NASHに対する薬物療法の現状とSGLT2阻害薬への期待

    島根大学医学部附属病院肝臓内科 飛田博史…27
  • 選択的PPARαモジュレーター(SPPARMα)に関する話題

    りんくう総合医療センター 山下静也…35
  • オメガ3系多価不飽和脂肪酸およびその代謝産物による心血管疾患予防効果

    神戸大学疫学分野 篠原正和…44
  • 食餌性肥満マウス脂肪肝に対する外因性ナトリウム利尿ペプチド投与の効果

    東京慈恵会医科大学循環器内科 木村 悠ほか…52
  • 食餌性肥満マウスNAFLDに対するURAT1阻害薬の効果

    東京慈恵会医科大学循環器内科 田中祥朗ほか…58

話題

  • 脂肪肝の新概念「MAFLD」とは

    久留米大学消化器内科 堤 翼ほか…64
  • ビタミンEおよびビタミンKの消化管吸収機構に関する話題

    東京大学医学部附属病院薬剤部 高田龍平…71
  • ケトン体の新たな受容体の発見の意義

    東京農工大学代謝機能制御学 塩野勝之ほか…77
  • 中性脂肪合成経路の転写調節メカニズムについての新知見

    筑波大学内分泌代謝・糖尿病内科 矢作直也…84
  • コレステロール代謝を利用した新しい免疫制御機構

    慶應義塾大学皮膚科学 高橋勇人…90

解説

  • 冠動脈疾患の一次予防における脂質異常症-わが国の疫学研究の知見より-

    慶應義塾大学公衆衛生学 平田あやほか…96
  • プラークの形成と退縮の分子機序に関する話題

    自治医科大学内分泌代謝学 若林徹治ほか…103
  • 長鎖脂肪酸代謝異常とは

    住友病院循環器内科 中谷和弘…109