精神科(心療内科)

第19巻第5号(2011年11月発行)

精神科(心療内科)

第19巻第5号(2011年11月発行)

特集 I.「うつ」 の治療を考える−抗うつ薬を使うべきとき・避けるとき
特集 II.ジャーナリズムとうつ病

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 I.「うつ」 の治療を考える-抗うつ薬を使うべきとき・避けるとき

  • うつ状態の患者に抗うつ薬は万能か?-初診時に抗うつ薬を使うとき・避けるときは-

    慶應義塾大学精神・神経科学 渡邊衡一郎…429
  • どういうときに「 双極性」 の疑いが頭をかすめるか?そのとき,私はどうしているか?

    日本赤十字社医療センター精神科 福田倫明…437
  • レジリエンスの観点からどう考えるか?

    青溪会駒木野病院精神科 田 亮介…442
  • うつ病に対する精神療法の利用可能性-現場の観点から-

    慶應義塾大学精神・神経科学 菊地俊暁…446
  • 休ませられるとき,そうでないときで治療法はどう変わるか?

    和楽会横浜クリニック 河村代志也…452
  • パニック障害との合併例ではどうしているか?

    昭和大学精神医学 高塩 理ほか…457
  • 気分変調症と非定型うつ病を見分けるには?-多様化するうつ病像の見分けと治療的対応-

    東京女子医科大学精神医学 坂元 薫…464
  • パーソナリティ障害との併存例ではどうしているか?

    近畿大学精神神経科学 切目栄司ほか…469

特集 II.ジャーナリズムとうつ病

  • ジャーナリズムの立場からの精神疾患報道の現在-記事化されることが少ない報道現場で出会う多くの精神疾患-

    サイゾー 吉住 哲…474
  • うつ病報道の現在-ジャーナリズムの立場から-

    東京新聞 加古陽治…478
  • ジャーナリズムとうつ病-精神医学の立場から-

    昭和大学精神医学 岩波 明ほか…484
  • <Brain Science94> セロトニン自己受容体とヘテロ受容体の新展開

    生理学研究所 田中謙二…489
  • <リエゾンと緩和46> 総合病院精神科と緩和医療

    さいたま市立病院精神科 仙波純一…493
  • <小児・思春期精神医学11> 小児の摂食障害

    京都府立医科大学精神機能病態学 和田良久…497
  • <老年期精神医学7> アルツハイマー病根本治療薬の開発

    山梨大学精神神経医学 布村明彦…502
  • <精神科救急9> 精神科救急病棟における心理教室

    兵庫県立光風病院 藤田愛子ほか…509

症例

  • 精神症状の出現を契機に診断がついた按上部・松果体部germinomaの 1 成人例

    東京慈恵会医科大学病院精神神経科 塚原準二ほか…514
  • 小脳橋角部腫瘍に伴い強迫症状の出現・消退を認めた症例

    鹿児島大学精神機能病学 松田三恵子ほか…521
  • ミルナシプラン増量によってセロトニン症候群を生じた 1 例

    獨協医科大学精神神経医学 萩野谷真人ほか…526
  • Olanzapineからquetiapineへの切り替えで,精神症状,認知機能が改善した統合失調症の 2 症例

    産業医科大学精神医学 堀  輝ほか…531