糖尿病・内分泌代謝科 (内分泌・糖尿病・代謝内科)

第20巻3号(2005年3月発行)

糖尿病・内分泌代謝科 (内分泌・糖尿病・代謝内科)

第20巻3号(2005年3月発行)

特集 糖尿病腎症の発症と進展

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 糖尿病腎症の発症と進展

  • 糖尿病性腎症の成因における内皮細胞障害

    岡山大学・腎免疫内分泌代謝内科 四方賢一,ほか
  • 糖尿病性腎症とケモカイン関連遺伝子多型

    順天堂大学・内科学代謝内分泌学 中嶋邦博,ほか
  • 糖尿病性腎症におけるTGF-βシステムの活性化

    滋賀医科大学・内科 磯野元秀
  • 糖尿病性腎症におけるECM蛋白の産生と分解

    東海大学・腎内分泌代謝内科 鈴木大輔
  • 糖尿病性腎症における遺伝子発現プロファイル

    国立循環器病センター・動脈硬化代謝内科 槇野久士
  • 糖尿病性腎症におけるSmad1の役割

    京都大学・加齢医学 松原 雄,ほか
  • 糖尿病腎症におけるAGE-RAGE相互作用

    金沢大学・血管分子生物学 山本靖彦,ほか
  • 糖尿病腎症におけるアシル化刺激蛋白の意義

    日本大学・腎臓内分泌内科 藤田宜是,ほか
  • 糖尿病腎症の発症と進展―JDC Study 6 年次解析

    埼玉医科大学・内分泌糖尿病内科 片山茂裕,ほか

話題

  • 新しい糖尿病性腎症モデルとしての脂肪萎縮性糖尿病マウス

    京都大学・内分泌代謝内科 向山政志,ほか
  • 2 型糖尿病ラットモデルを用いた糖尿病腎症の病態

    東海大学・総合医学研究所 宮田敏男
  • C ペプチドは糖尿病性腎症の初期変化を抑制する

    千葉大学・細胞治療学 前澤善朗,ほか
  • 糖尿病性腎症に対するチアゾリジン誘導体の作用メカニズム

    岡山大学・腎免疫内分泌代謝内科 岡田達夫,ほか
  • 膵β細胞特異的IRS-2欠損マウス

    東京大学・糖尿病代謝内科 窪田直人,ほか

解説

  • 糖尿病性腎症発症・進展過程における腎内レニン・アンジオテンシン系

    慶應義塾大学・内科 市原淳弘,ほか
  • 糖尿病性腎症とエリスロポエチン

    島根大学・内分泌代謝血液腫瘍内科 宗宮 基
  • 糖尿病性腎症におけるアンジオテンシン変換酵素阻害薬とアンジオテンシンII受容体拮抗薬併用療法について

    九州大学・病態機能内科 岩瀬正典,ほか
  • 糖尿病腎症と血清アディポネクチン濃度

    自治医科大学・大宮医療センター 斎藤孝子,ほか