糖尿病・内分泌代謝科 (内分泌・糖尿病・代謝内科)

第27巻第6号(2008年12月発行)

糖尿病・内分泌代謝科 (内分泌・糖尿病・代謝内科)

第27巻第6号(2008年12月発行)

特集 糖尿病代謝疾患におけるエピジェネティクスと翻訳後修飾

  • 冊子版

    定価 ¥3,850
    (本体 ¥3,500+税)


    ※1冊ご注文の場合のみ300円の送料がかかります。

  • PDF版

    ・論文別に分かれており、個別でのご購入が可能となります。
    ・ご購入いただきました日から5日間、計5回までダウンロードが可能です。
    ・PDF版はクレジットカードでのご購入のみとなります。

特集 糖尿病代謝疾患におけるエピジェネティクスと翻訳後修飾

  • 転写制御とエピジェネティクス制御の分子機構

    東京大学・分子細胞生物学研究所 加藤茂明,ほか
  • 因子とエピジェネティクス-栄養環境によるエピジェネティクス変化と肥満症・生活習慣病-

    東京医科歯科大学・難治疾患研究所 江原達弥,ほか
  • Canonical Wntシグナル経路と代謝制御

    東京大学・先端科学技術研究センター 酒井寿郎
  • FOXO1とリン酸化,アセチル化,ユビキチン化

    群馬大学・生体調節研究所 北村忠弘,ほか
  • TORC2のリン酸化・O グリコシル化と糖代謝

    金沢大学・フロンティアサイエンス機構 井上 啓
  • SREBPの翻訳後修飾-リン酸化,ユビキチン化,アセチル化,SUMO化-

    東京大学・食品生化学 井上 順,ほか

話題

  • メタボリックシンドロームにおけるKLF5とSUMO化

    東京大学・循環器内科 大石由美子,ほか
  • ヒストンメチル化制御を介したnon-canonical WntシグナルによるPPARγ活性制御分子機構

    東京大学・分子細胞生物学研究所 高田伊知郎,ほか
  • エピゲノム情報と転写ネットワーク

    東京大学・先端科学技術研究センター 堤 修一

解説

  • アルギニンメチル化とリン酸化-PRMT1によるFOXO1活性制御-

    筑波大学・先端学際領域研究センター 大徳浩照,ほか
  • Chromosome conformation capture(3C)を用いたエピジェネティクス解析

    東京大学・糖尿病・代謝内科 脇 裕典,ほか
  • FTOはDNA脱メチル化酵素であった

    国立国際医療センター研究所・代謝疾患研究部 安田和基